2016年04月04日

2016年春、青春18きっぷの旅(その13 横手1)

酒田を出て、余目で陸羽西線に乗り換え。終点の新庄までほぼ最上川に沿って進む。新庄は一面の雪景色だった。酒田と同じ山形県で緯度もさほど変わらないのにこうも違うのかと驚く。
160318-57.jpg

新庄からは奥羽本線。2両編成のワンマン列車で途中駅のほとんどが無人駅な路線なのだがかなりの人数が乗車した。この手の地方路線に乗ると、最初は混雑していても歯が抜けるように人数が減っていくことが多いのだがオレが横手で降りる時も人数は当初とさほど変わっていなかった。この先の大曲や終点の秋田まで乗る人が多いのだろうか。途中の湯沢辺りで完全に日は沈んでいたので横手に着く頃には辺りは真っ暗だった。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 20:00| Comment(0) |

2016年04月03日

営業してた! ―那須野屋食堂(東那須)―

旅レポの最中だけれども2度目の中断。

今日の昼は那須塩原駅近くの食堂へ行ってきた。ここも以前地図を見ていて見つけた店で、実はこの日に最初に向かったのはここだったのだけれども、店の前に着いてみると建物には看板がないし外観も食堂っぽくないので、既に廃業してどこぞの会社の事務所にでもなってしまったのだろうとこの時は思った。建物のすぐ前に立っている街灯柱には「那須野屋食堂」と控えめな看板が出ていたのだが、廃業後もこの手の看板がそのままになっているはよく見かける光景なのであまり気にしなかった。結論を書けばこの日はたまたま定休日にすぎなかったのだが、食堂としての気配を全く感じさせなかった店なのだ。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 22:16| Comment(2) | 外食

2016年04月02日

2016年春、青春18きっぷの旅(その12 酒田3)

酒田での3軒目は最上川の対岸にある「味龍」という店。さらしなからは3キロほどの道のり。
風が強くなってきた。空はいつの間にか雲で覆われており翌日の天気が気にかかる。
国道7号線の橋で信濃川を渡る。これまでの道のりは確かに平坦で変速機のない102号でも難儀することはなかったが、大河に架かる橋の前後は堤防を越える関係上坂になっていることが多い。この橋もまさにそうで、橋に向かって登っていくときにはハーハー息をついてしまった。意地を張ってどうにか足を付かずに登り切ったが結構きつかった。日頃の運動不足を思い知る。

自転車兼用の歩道は最上川を渡ったところで途切れていた。その先には別の川あるのだが、その川と最上川の間で国道47号線が複雑に交差していて、車はそのまままっすぐに渡れるのだけれど、歩行者や自転車はどうやら高架から一旦降りなければならないらしい。
そして降りたら降りたでどっちに向かえば良いのかさっぱり解らない。高架の下を何度かくぐったり、ぐるりと回ってみたら元のところに出てしまったりと試行錯誤の末何とかR47を越えることができたが、5分以上費やしてしまった。だが川を越えてしまえばこっちの物。あとは下りなのでピューッと漕がずに橋を渡りきる。目指す味龍はもうすぐそこだ。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 20:00| Comment(0) |

2016年04月01日

2016年春、青春18きっぷの旅(その11 酒田2)

満月を出て次の店を目指す。酒田には満月を頂点とする月系とばれる系列店があることは先の項で書いたが、今回はできるだけ多角的に攻めてみたかったので月系の店は意識的に避けることにした。非月系であっても大なり小なり満月の影響を受けているとは思うけどね。

そこで次に選んだのが「さらしな」
160318-31.jpg 写真の自転車は102号ではない。
店に着いたのは13時半を少し回ったことだった。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 20:00| Comment(0) |

2016年03月31日

2016年春、青春18きっぷの旅(その10 酒田1)

最初の店は酒田駅からチャリを漕ぎ出して10分ほどで着いた。
160318-21.jpg しばしの愛車102号と共に
事前にざっと調べたところ酒田には「月系」と呼ばれるラーメン店がいくつかあるらしい。三日月や新月など屋号に「月」が付くのでそう呼ばれているらしいのだがその総本山的店がここ「満月」のようだ。他の店はここで修行した人たちが独立して開いたのだとか。そして満月のワンタンこそが皮の薄さを売りにしているということを椎名誠の著書で読んで以来、ワンタン好きを自称する身としては一度は食べみたかったのである。そして酒田でワンタンを食べるのなら最初はこの店にしようと決めていたのだ。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 20:00| Comment(0) |

2016年03月30日

2016年春、青春18きっぷの旅(その9 新潟―酒田)

きらきらうえつの発車番線を確認すると8番線。案内が見つからなかったので8番線がどこなのか解らずちょっと焦ったが、万代口の改札から入ってすぐの1番線ホームからだと跨線橋で渡らず、そのまま酒田側へ行ったところにあるらしい。結構距離があり100mほど歩くと確かにきらきらうえつが止まっているのが見えてきた。
160318-11.jpg
きらきらうえつは全車指定席。快速列車なので指定券を購入すれば青春18きっぷでも乗車可能。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 20:00| Comment(0) |