2017年05月28日

ちょっと変わった ―みつわ(矢板) その3―

*** みつわの履歴 *******************
1回目
2回目
3回目(この記事)
*********************************
以前のメニューは1、2回目の記事をご覧下さい

矢板のみつわ。ちょくちょく訪れたい店なのだけれど他にも行きたい店がたくさんあることに加え、最近は外食の頻度が下がったこともあって思い通りに行くことが出来ない。そんな折、今年の3月末だったが、この日はみつわで食べたいという思いが強く他の店には脇目も振らず一直線。1年半振りくらいだっただろう。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 17:01| Comment(4) | 外食

2017年05月19日

丸七の続きを書きました

続きはこちらから(PCのみ、スマホ等ではページの頭が出ます)

posted by すぱ九郎 at 10:40| Comment(0) | 業務連絡

2017年05月15日

一期一会 ―丸七(大田原)―

あらかじめ断っておくが、この店はもうない。廃業してしまったのだ。なぜ存在しない店を今さら紹介するのかと言えばこの店がとても印象深く、微力ながらせめて記録だけでも残しておきたいと強く思ったからである。言い訳を付け加えれば廃業前にこの店を記事にするつもりでいたのだが、間の悪いことに使い慣れた画像編集ソフトが急に起動しなくなってしまい写真の加工が出来ず記事をアップするのを断念したのである。その原因が判明し直ったのがつい先週のことであった。

GW前の4月20日。この日は午前中が西那須野で、午後からは喜連川で仕事というスケジュールだった。大田原市内で昼飯を済ませ(この昼飯の記事は後日まとめてUP予定)喜連川に向かう道すがらこの蕎麦屋を見つけたのだった。
店があったのは大田原中心部から氏家へと抜ける県道48号線と交通量の多い道沿いだったのだが、自宅との地理的要因などでオレがこの店の前を通ることはほとんどない。この日の変則的なスケジュールのおかげでたまたま、しかも廃業寸前でこの店を見つけることが出来たのは当に僥倖と呼ぶに値するだろう。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 10:00| Comment(4) | 外食

2017年05月13日

一徳に記事追加

気になって仕方がなかったので行って確認してきた。
追加分はこちら

posted by すぱ九郎 at 21:46| Comment(0) | 業務連絡

2017年05月12日

一徳(那珂川町)

昨日は午前中が喜連川で仕事。昼飯は少し足を伸ばし久しぶりにあの食堂にしようと決めた。
小川に出てR294を那須烏山市に向かったのだがなんと目当ての店は休業。だが入り口には営業中の札がぶら下がっているし行灯看板も出ていたので釈然としないのだが、入り口のシャッターが閉まっているのでどうしようもない。とはいうもののなんとなくそんな予感がしていたのでスペアは考えてあったのですぐさまそちらへと向かうことにする。ちょうどオレが駐車場を出ようとしたところで別の車が入ってきて、男性が一人店へ向かったのだがやっぱり入り口のシャッターを見て首をひねりながら車へ戻っていた。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 20:24| Comment(2) | 外食

2016年12月30日

「ひたし・ひやし」の定義

長らくおませしました(待っていた人は居ないと思うけど)、いよいよ「ひたし・ひやし」の定義の発表である。

まず始めに断っておくが「定義」といってももちろん当ブログ内だけでの話。オレが勝手に考えた事に過ぎない。

「ひたし・ひやし」(以下面倒なのでひたし系と呼ぶ)とは何なのか知らない方はこちらを読んでいただくとして、なぜわざわざ「定義」しなければならないのかということを先に書いておく。

ひたし系を簡単に言ってしまえば熱い汁に冷たい麺を浸けて食べる、ということになるのだがそれだけでは全国区の「鴨汁」も含まれてしまうし、以前少し触れたが肉汁うどんは宇都宮周辺のほか高崎や水戸などでごく親しまれているようだ。要は県北のひたし系をローカルフードとして確固たる存在にするためにはどこまでそう呼ぶげきかきっちり定義しなくてはならないと(勝手に、しかもだいぶ前に)思い至ったのである。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 13:11| Comment(2) | ローカルフード特集