2017年08月06日

とほほ ―伊勢忠(高根沢)―

8月1日に宇都宮は下栗での仕事が入った。この仕事は7月18日に決まったのだけれど、必要な品が揃うのに時間が掛かってこの日になったのだ。

先の今市のリストと同じように宇都宮のリストも溜まる一方なので久し振りの宇都宮となると店の選択に悶々としそうなものだが、実はダントツに行きたい店(次回予定)があって今回はすんなりと決まったのだった。が、なんと仕事の決まった翌19日に更新されたAndy.Sさんのブログで紹介されていた蕎麦屋のメニューをつぶさに見ていたら「つけ天」というメニューが載っているのを発見。しかもその隣には「天ざる」の記載があるのでこれは期待大である(何を期待しているのかはお分かりですよね?)。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 15:33| Comment(0) | 外食

2017年08月04日

日光のひたし系 ―蕎粋庵(今市)―

今市の街が好きだ。個性豊かな食堂や伝統ある店、そしてたくさんの旨い蕎麦屋があるからだ。そんな今市なので当然行くべき店のリストがあるのだが、増えるペースに比べて訪れる機会は絶望的に少ない。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 19:08| Comment(0) | 外食

2017年07月25日

セットの冷や中 ―宴天下(矢板) 3―

***宴天下の履歴 *******************
1回目
2回目
3回目(この記事)
********************************
メニューや店舗情報は1回目の記事をご覧下さい

梅雨は明けてしまったけれど冷やし中華ネタをもう1本。
ちょっと日付は遡って先月の末のこと。昼飯時を矢板で迎え、いくつかの候補の中から迷った末に選んだ店はいわゆる台湾系の中華料理店である宴天下。
一口に台湾系と言っても系列(屋号)がたくさんあって、また同系列であっても素材の使い方や調理テクニックが店ごとにだいぶ異なるのではないかと思っている。
その点において矢板の宴天下は、小籠包(1回目の記事参照)や肉団子(2目の記事参照)はアレだったが、料理には調理人の誠実さが現れているというか、これだけ安いのに手を抜かずに頑張っているなぁと感心させられるのだ。
これは想像に過ぎないが、この状況から察するに小籠包や肉団子などはフランチャイザーから供給されているのではないかと思う。それら以外、店で調理している品はきちんとしていて旨い。要は当たり外れがあって、その辺の見極めが難しい店でもある。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 13:00| Comment(0) | 外食

2017年07月15日

裏の冷や中 ―鴻華(西那須野) 2―

*** 鴻華の履歴 *********************
1回目
2回目(この記事)
*********************************
メニューや店舗情報は1回目の記事をご覧下さい

2週間ほど前の昼、オレは鴻華のカウンターに腰掛け「かけごはん」を食っていた。しばらくして男性が一人、店に入ってきた。その男性は後ろ手でドアを閉めながら「冷し中華ね」と女将さんに注文を告げ、そして女将さんはごく自然に注文を受けていた。
そんなありふれたやりとりにオレはビクンと反応した。というのもここで冷し中華を出していることを知らなかったからだ。念のため体をひねって壁を見回してみたがやはりどこにも冷し中華の短冊やポスターは貼られていない。もちろん通常メニューにも冷し中華は書かれていない。これはいわゆる裏メニューなのか。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 22:14| Comment(0) | 外食

2017年07月14日

も一つ、格安冷や中 ―まるや(大田原) 4―

*** まるやの履歴 *******************
1回目
2回目
3回目
4回目(この記事)
********************************
店舗情報は1回目の記事をご覧下さい

オレが知る限りでは、大田原市内には500円以内で冷し中華を出している店が3軒ある。今回のまるやはその3軒目。

この店は老夫婦二人で切り盛りしている。おっちゃんはとうに70を過ぎていて、店を続けるのがだいぶ負担になっているのか最近は愚痴が多くなった。一方おばちゃんは元気いっぱいで、そんなおっちゃんを宥め賺し時には発破を入れ、なんとか店を回している。こんな様子を見ると店を畳むのも時間の問題なのではないかと思ってしまう。なのでここで毎年冷し中華を食べる度に「今年で最後かも」なんて考えが頭を過ぎってしまうのだ。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 22:13| Comment(0) | 外食

2017年07月13日

格安冷や中 ―一心(大田原) 2―

*** 一心の履歴 *********************
1回目
2回目(この記事)
*********************************
メニューや店舗情報は1回目の記事をご覧下さい

以前、丸三食堂の冷し中華を紹介した記事で大田原市内には冷し中華を500円以内で出す店が3軒あると書いた。実はその記事を書いたときは他の2店もすぐに記事にするつもりだったのだが結局書かずに夏が過ぎてしまった。その後も毎年夏を迎えるとこの企画を思い出しはするもののやはり書かずに済ませてしまった。
そしてとうとう4年目。今年こそは書く。絶対に書く。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 17:45| Comment(0) | 外食