2014年11月05日

第22回麺ツアー その前にコーヒータイム

141105-00.jpg

オレの生活の中で一般の方々と違うことはたくさんあると思うが、その最たるものは何かと問われれば、その答えはたぶん家にテレビがないことだろう。正確に言えばテレビ受像器はある。が、それはアナログ式でデジタルチューナーも持っていないので現在のテレビ放送は映らない。そもそも何年か前の台風で屋根のアンテナが倒れてしまったので電波を受信することすら出来ない。デジタル移行前だったがその時はもうテレビを見なくなってしまっていたのであえて直さなかったのだ。はっきりと記録は取っていないが、たぶん2006か07年には自宅では完全にテレビを見なくなってしまったはずだ。厳密には今でも見ようと思えばスマホのワンセグがあるが自宅では電波状況は極めて悪くまともに見ることは出来ない。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 19:25| Comment(0) | 日常

2014年10月19日

シーズン最後か?

一昨日、スーパーへ買い物に行ったら野菜が妙に安かった。レシートが残っていないのでだいたいだが、レタス1玉110円、キュウリ1本30円、トマト1個80円くらいだったはずだ。レタスを1つとキュウリとトマトは2つずつ購入し、この晩は大盛の生野菜サラダを食べたのだがもう一つ目的があってそれは冷し中華。8月末にまだ食べるだろうと思ってまるちゃん正麺の冷し中華5袋入りを2つも買ってしまったのだが、それがまだ9袋も残っているのだ。つまり1袋しか消費していない。9月に入って一気に涼しくなってしまったのが最大の原因。オレはこの手の商品の賞味期限は気にしない方なので、来年まで保管して置いても一向に構わないのだが、この際少しでも消費してしまおうと思ったわけだ。


続きを読む
posted by すぱ九郎 at 23:00| Comment(0) | 日常

2014年09月20日

燗銅壺火入れ式

140920-11.jpg
燗銅壺がやってきた。「かんどうこ」と読む。野風炉ともいうらしい。江戸時代辺りから使われ出したそうで、花見など外で酒を飲む際に燗を付けるための道具だ。
火鉢を使い出すようになってからこの道具の存在を知って欲しくなり、ずっと狙っていたのだが、これがなかなか人気商品で、入荷してもすぐに売れてしまうそうで古道具屋を10軒近く回ってみたが置いてある店はなかった。またヤフオクでも結構頻繁に出品されるのだが、それなりの物は高値が付くことが多い。万の位は普通で、高い物だと10万円を越えることもある。だが稀に出品者がこの道具の使い方や名称を知らず見当違いなカテゴリーで出品されることがある。そんなときはライバルが少なくなるので格安で落札できる可能性が高くなるのだ。あるいは見てくれが悪く値が付かないこともある。そんな燗銅壺を狙って今まで2点落札したのだが、いずれも実用には耐えられない物ばかり。安物買いの銭失いの典型ですな。かといって年中金欠の身で、この様な品に万を越える金額を投じることもできず、そのうち落札できればいいやと楽に構えながらも虎視眈々と毎日ヤフオクをチェックして機会をうかがっていたのだ。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 23:27| Comment(0) | 日常

2014年08月14日

素麺に熱い付け汁がウマいのだ

素麺の汁の話。冷たい素麺に熱い付け汁の組み合わせ。炒めた茄子と豚肉を汁に入れて煮た物だ。冷たいものを連食して体調を壊したときなどにいかがか。
今回は初のレシピ付き。


続きを読む
タグ:自宅 昼食 素麺
posted by すぱ九郎 at 10:41| Comment(0) | 日常

2014年07月26日

家でモツ焼き

140726-01.jpg

大田原の今日の最高気温は昨日と同じ34.5℃。暑い日には、特にそれが続くと、モツ焼きを食べたくなるのはなぜなのだろうか。
夕方4時頃、モツ焼きにすることを決め、そうと決まればまずは炭を熾さねばならない。
先の冬に火鉢用として様々な炭を都合200kgほど購入したのだが、その中には火鉢で使うには適していないものもあった。要は炎が立って煙が出るものだ。そんな炭でもバーベキューなどには使えるので、その手の炭を火起こし器に詰める。炭にも因るが、炎が立つような炭化率が低い炭は段ボールが少々あればこれで簡単に火を起こすことができる。これを使うとうちわなどで扇ぐ必要もなく、勝手に火が全体に回ってくれるから楽ちんだ。

(Amazonより)

炭に火が移ってもまだ盛大に炎が上がっているので、しばらく待ってから先日購入した七輪に移した。それでもまだ炎が立つので完全に炎が立たなくなるまでの間に買い物に出た。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 22:56| Comment(0) | 日常

2014年06月21日

当選確率7割以上!?

140618-04.png

くじ運というのはある。
まだ会社勤めで、会社の寮に住んでいた頃の話だが、同じ寮に住んでいた後輩がめちゃめちゃくじ運が良いのだ。ビンゴ大会、会社の慰労会などでの景品くじなどなど、ことごとくそいつが持っていく。あのくじ運は凄まじいものがあった。文字通り「憑いている」というより他に表現のしようがない。
一方のオレはくじ運というものなく、そのような催しで何かが当たったためしがない。懸賞なんてそもそも当たるわけがないと考えている部類である。
それでも時々懸賞に応募してしまうのは根っからの貧乏根性か。
続きを読む
posted by すぱ九郎 at 01:32| Comment(0) | 日常