2015年05月06日

保険か修理か

昨日のことだ。庭でちょっとした作業をしていた際にスマホがシャツの胸ポケットからスルリと滑り落ちてしまった。とは言ってもこんな事は今まで何度も仕出かしている。それでも致命的な破損に至ったことはなかった。せいぜい細かな傷が付く程度で済んでいたのだ。なので今回も落したときは「あー、またやっちゃったよ」と軽く考えていたのだが、拾い上げてひっくり返してみたらこの有様。思わず「ひぇっ」みたいな声を上げてしまった。
今回は落した場所と落ち方が悪かったのだろう。屋外のコンクリート面でしかも細かな凹凸があるような所に面で落ちた。たぶん小さな突起があって集中的に力が加わった結果なのだと思う。
機械的なボタンは利くがスワイプやタップなど画面上での操作は一切できない。これでは掛かってきた電話に出ることさえ出来ない。


続きを読む
タグ:スマホ
posted by すぱ九郎 at 10:50| Comment(2) | レビュー

2014年09月05日

蛍光灯が壊れたので買い換えた

蛍光灯が壊れた。蛍光管ではなく、器具の方である。LED灯に買い換えたのでレビューしてみる。

今回はかなりの長文なので、文頭に結論を書いておく。
・印象は従来の蛍光灯とあまり変わらず違和感はないがLED特有の癖はやはりある。
・経済的効果はLED灯に確かに分があり、蛍光灯のと差額は約4,500円/年。
・環境負荷に関してはきちんと計算することができず、どちらが有利か一概には言えない。

以下本文

一般的に蛍光灯器具は安定器の寿命で交換することが多い。だが今回は安定器に問題はなく、壊れたのはスイッチ。天井から吊す丸形で紐を引くタイプのヤツなのだが1週間ほど前から紐を引いても切り替わらないことが増えてきて、とうとう全く切り替わらなくなってしまった。購入したのは20年近く前なので寿命と考えて良いだろう。幸い点灯した状態で切り替わらなくなってしまったので、点きっぱなしであることは問題だが生活に支障はない。どうしても消灯したい場合は蛍光管につながるプラグを外せばいい。とは言ってもこれではいくら何でも不便なのですぐに買い換えることにした。

続きを読む
タグ:通販 家電
posted by すぱ九郎 at 18:39| Comment(0) | レビュー

2014年08月31日

醤油差し

キッコーマン 特選丸大豆醤油(卓上)150mlもう15年以上も前の話だ。当時使っていた醤油差しはキッコーマンのこれ。液だれしないし洗いやすいしなかなか重宝していたのだが、悲惨な目に遭ってしまった。先に断っておくがキッコーマンには何ら責任はない。
この頃はほぼ毎食が外食かおにぎりなどで、朝食も含めて家で食事することはあまりなかった。さらに、今では醤油は冷蔵庫で保管することはなかば常識化しているが、ずぼらなオレは食卓に出しっ放しにしていたということも大きい。

注意
この先は一部の方、特に虫嫌いな方には、かなりショッキングな文章と思われるので、フォントの色を白にして見えなくしています。興味がある方はドラッグすれば反転して読める様になります。
ここを飛ばして本題にお進みになるには
ここをクリックして下さい。

↓ここから
その日は珍しく、刺身か何かを買ってきて自宅で食事をしていたのだが、醤油差しの口からショウジョウバエが出てくるのを目撃してしまった。
醤油に小バエが集るとはねぇ、などとこのときはまだ暢気なことを思っていたのだが、この後驚愕の事実が発覚する。
衛生面で不安になったので、中身は半分ほど残ってはいたがこの際きれいに洗ってそっくり入替えてしまおうと思い立ち、醤油差しを持ち上げ何の気なしに中身を見てみたところ、なにやら白いものが混ざっている様に見えた。酸化が進んでかなり黒くなってしまっていた醤油のせいで中まではよく見えない。蛍光灯で透かして見るとそれはなんと小さな蛆虫。しかも1匹や2匹ではない。10や20でもない。無数の蛆が身をくねらせてウヨウヨと泳いでいるのだ。醤油の塩分濃度がどれほどか知らないが、海水より遙かに高いことは間違いなかろう。そんな液体の中でもまったく弱ることなく、寧ろ元気に泳いでいる蛆を見てショウジョウバエの逞しさに感心したことも確かだが、それより何よりショックで吐き気がしてきた。なんせついさっきこの醤油を使って食べちゃったし。以来この時見たことが脳裏から離れずトラウマとなり、自宅では怖くて醤油差しが使えなくなってしまったのだ。今でもあまり清潔ではない店で外食するときなど醤油差しの中身が気になってしまい中を確認することもしばしばなのだ。

↑ここまで

続きを読む
タグ:家庭用品
posted by すぱ九郎 at 23:49| Comment(0) | レビュー

2014年07月24日

財布を買いました

140724-01.jpg

長年使ってきた財布がだいぶくたびれてきていて買い換えようと思い立って久しい。以来ネットでずいぶん時間を掛けて検討したのだが気に入るものがどうしても見つからない。
オレが理想とする財布は
・できるだけ薄くて小さい
・小銭入れは不要
・カード類は最低でも10枚収納できること
・デザインはごくシンプル
・手ごろな価格(1万円程度)
と、それほど見つけにくい条件ではなさそうなのだが、これがなかなかないのだ。
中でも小銭入れ。これがないというだけで選択肢がグンと狭まってしまう。そんなに小銭入れの需要って高いのだろうか?

続きを読む
タグ:通販 装身具
posted by すぱ九郎 at 23:58| Comment(0) | レビュー

2014年06月15日

ウズラカッター


(Amazonの画像)

素麺好きなことは以前書いたが、どんなに好きでも時にはちょっと食べ方を変えたくなることがある。実際いくつかバリエーションがあり、その中でもよく使うのがうずらの卵だ。とにかくあっさりが信条の素麺。それが生のうずらの卵を汁に溶かし込むだけでコクが出てだいぶ印象が変わる。2、3人で食べるなら鶏卵でもいいのだが独りだと持て余してしまうのでウズラの方がベターなのだ。だがこのうずらの卵がけっこうくせ者で、とにかく割りにくい。鶏卵でやる様に殻にヒビを入れて割ることはまずムリ。そんなことをすれば殻ごとグシュッと潰れてしまうこと請け合いだ。たいていの人は経験済みだろう。

うまくいかない元凶は殻の内側の膜。この膜を破るのに苦労するのだ。殻の強度に比べ膜が頑丈すぎるので膜を破ろうとして殻全体が潰れてしまうともうぐちゃぐちゃ。ちょっと器用な人なら、生のままで外側の殻だけ剥いて膜だけ残すことだって難しくないだろう。

今までのオレの割り方は包丁の手元の角でつついて膜を破り、それを切っ掛けとして手で割ることが多かったのだが、細かい殻の破片が3回に1回くらいの割合で混ざり込んでしまう。一昨日に素麺を食べたときにもウズラを使ったのだが、やはり細かな殻が混ざってしまった。

そこでふと思いつく。21世紀の世の中、うずらの卵をスマートに割る道具くらいありそうな物だと。
早速ググってみると、「ウズラカッター」なる物があるではないか。プラスチック製と金属製の物があり、値段はほとんど変わらない。Amazonではプラ製の方がレビューが多かったのと、分解して洗える点を考慮してプラ製を選んだ。

それが先ほど届いたので早速使ってみたのだが…
続きを読む
posted by すぱ九郎 at 19:28| Comment(0) | レビュー