2017年05月15日

一期一会 ―丸七(大田原)―

あらかじめ断っておくが、この店はもうない。廃業してしまったのだ。なぜ存在しない店を今さら紹介するのかと言えばこの店がとても印象深く、微力ながらせめて記録だけでも残しておきたいと強く思ったからである。言い訳を付け加えれば廃業前にこの店を記事にするつもりでいたのだが、間の悪いことに使い慣れた画像編集ソフトが急に起動しなくなってしまい写真の加工が出来ず記事をアップするのを断念したのである。その原因が判明し直ったのがつい先週のことであった。

GW前の4月20日。この日は午前中が西那須野で、午後からは喜連川で仕事というスケジュールだった。大田原市内で昼飯を済ませ(この昼飯の記事は後日まとめてUP予定)喜連川に向かう道すがらこの蕎麦屋を見つけたのだった。日常的にこの店のごく近くを通ってるものの目的地や自宅との地理的要因などでオレがこの店の前を通ることはほとんどない。この日の変則的なスケジュールのおかげでたまたま、しかも廃業寸前でこの店を見つけることが出来たのは当に僥倖と呼ぶに値するだろう。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 10:00| Comment(4) | 外食

2017年05月12日

一徳(那珂川町)

昨日は午前中が喜連川で仕事。昼飯は少し足を伸ばし久しぶりにあの食堂にしようと決めた。
小川に出てR294を那須烏山市に向かったのだがなんと目当ての店は休業。だが入り口には営業中の札がぶら下がっているし行灯看板も出ていたので釈然としないのだが、入り口のシャッターが閉まっているのでどうしようもない。とはいうもののなんとなくそんな予感がしていたのでスペアは考えてあったのですぐさまそちらへと向かうことにする。ちょうどオレが駐車場を出ようとしたところで別の車が入ってきて、男性が一人店へ向かったのだがやっぱり入り口のシャッターを見て首をひねりながら車へ戻っていた。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 20:24| Comment(2) | 外食

2016年12月29日

つちや食堂、閉店(黒羽)

*** つちや食堂の履歴 ****************
1回目
2回目(この記事)
*********************************

今日の午前中の仕事は黒羽方面。黒羽には仕事でしょっちゅう行くがたまたまこの3ヶ月ほどはご無沙汰だったので久しぶりの感がある。
仕事が終わったのが11時少し過ぎ。そのまままっすぐ帰宅して昼食にするつもりだったが、虫の知らせというのだろうか、なんとなくつちや食堂のことが気になってちょっと回り道になってしまうが店を見てから帰ることにした。
すると店の入り口には閉店の告知が張り出されていた。
161229-01.jpg

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 16:54| Comment(0) | 外食

2016年07月23日

私設待合所 ―安寿(矢板)―

7月2日。昼飯を摂るべく矢板の市街をさまよって見つけた店。
場所は矢板駅西口前からカーブしながら西へ向かう道沿いで向かいは栃木銀行矢板支店。

建物は飯場などでよく使うプレハブでかなり古そう。更に黄色く塗ったコンパネで後付けしたと思われる屋台のような出っ張りがあるのだがその窓は「うどん ラーメン」と大書された紙で塞がれていてしまっているので今は物置か何かに使っている様な感じ。通りがかりにその文字が目に入ったので車を店の前に着けてはみたものの、こんな妖しい雰囲気に押されてしまい店に入ろうという気が急速に萎えてしまった。ただこのままUターンしてしまうのも惜しいような気もしてとりあえず細い道を挟んだ向かいの空き地に駐め直して観察することにした。


続きを読む
posted by すぱ九郎 at 20:00| Comment(0) | 外食

2016年07月22日

まごころ(黒磯)

ここはだいぶ前に地図を見ていて見つけた店。場所は那須脳神経外科病院という救急指定病院のすぐ近所。
ただ病院自体が街道から外れた場所でほかに目立つ施設といえば特別養護老人ホームだけ。なのでこの店も病院と老人ホームの関係者くらいにしか知られていないのではなかろうか。道も病院で行き止まりなので近所で知らない人がいてもおかしくない。
県道72号線(旧陸羽街道)にある那須脳神経外科病院の看板(さほど目立たないのだが)に従って細い脇道に入りそのまま進めば道の右側にある。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 23:47| Comment(0) | 外食

2016年07月19日

八度目(くらい)の正直 ―おっちゃん(黒磯)―

昨年の末、とあるフリーペーパー(誌名失念)を手にしてペラペラと捲っていたら「ラーメンおっちゃん復活」という広告が目についた。「伝説の」みたいな形容詞も付いていたかもしれない。いずれにせよ復活というからにはかつて営業していたのだろうがそもそも知らない店で、どうやら黒磯らしいのだが所在地も電話番号もそして営業開始日も広告内に記載がなく詳細は全く不明。
気になってその日のうちにネットで調べたところ1件だけかつての店を訪れたブログ記事らしいものを見つけることができた。その記事によるとどうやら豚骨ラーメンの店だったらしい。そして幸いにも住所が記載されていたのでStreet Veiwで確認してみたら該当の住所は住宅街の中の角地で普通の民家のように見える古い建物が写ってた。ただ、家の角には自販機が置かれていて、壊れてしまって文字は読めないが何らかの看板がまだ残っていたし、よく見るとかつては店の入り口だったところを塞いだ様な形跡もあり、以前はここが何らかの店舗だったことは確かなようだ。
それ以来「おっちゃん」のことが妙に気になってしまい、今年に入ってから何度かその場所を尋ねてみている。とはいえ「おっちゃん」が「復活」するのは別の場所かもしれないのでこれは賭けだ

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 23:04| Comment(0) | 外食