2014年06月13日

外で冷し中華

*** 丸三食堂の履歴 ******************
1回目(この記事)
2回目
*********************************

今日は朝から久しぶりの晴れ。気温も上がったけれど湿度が低めなので暑苦しくはなく、爽やか。
予定では家で昼食を摂るつもりだったのだけれど午前中の2つめの仕事が延長戦になってしまったので外食することになった。しばし考えた後、こんな天気の日はやっぱり冷し中華だよなということで、丸三食堂へ。丸三と書いて「まるみ」と読む。

140308-03.jpg (写真追加 2015/3/10)
丸三食堂
大田原市中央2丁目14−22
営業時間はよく判らない。夜はけっこう早く、7時過ぎには閉めてしまうことが多いと思う。

外で食べる冷し中華はけっこう高い。確かに麺を冷したり具材の準備などラーメンと比べるとかなり手間が掛かるのは理解できる。逆に言えばその手間を自分で負えば安く食べられるわけだ。ラーメンと違ってスープであまり差が出ないのも家向きだと思う。
ところが大田原市内には500円以内で冷し中華を食べられるところが複数ある。今のところ3軒確認しているがまだ他にもあるかも知れない。その内の一つが丸三食堂なのだ。ただ難点が一つ。店舗前の駐車スペースが2台分しかなくとても狭いので駐車難易度はかなり高いということ。近所の家具屋などの駐車場を使っていいそうなのだがちょっと離れているんだよね。今日は運良く出前用の車も含めてすっかり空いていたので普段より楽に駐めることができたけど、それでも後からの車のことを考えて左側のブロック塀ぎりぎりに寄せて駐めた。
店に入ると先客が2名。テーブル席は3つしかないので唯一空いているテーブルに着き、お冷やを持ってきてくれた女将さんに冷し中華の大盛を注文。ちなみにテーブルの他に小上がりが2席ある。
しばらくして注文の品が届いた。外で食べるのは今年はこれが始めて。

DSC_0188.JPG

冷し中華500円+大盛100円

麺が極細でラーメンと同じ物だろう。ここの特長は具材の柑橘類。オレンジの輪切りとレモンの輪切りが入っている。他の具材はレタス、ハム、キュウリ、トマト(1/4個)、紅ショウガ、刻み海苔。さらにお新香が付くのが嬉しい。ここのお新香は実に美味いのだ。
スープはほどよい酸味の醤油系で、これに柑橘類の果汁が混ざり合うとなかなかどうしてとても500円の冷し中華とは思えないおいしさ。食欲が湧き上がり一気に食べきってしまう。残ったスープもフルーティーで実にまろやかなので飲み干しても咽せたりすることはない。
あーおいしかった。ごちそうさまでした。

ちなみにここはラーメンなどの他に焼肉系のメニューもある。値段はかなり安い。一通り試してみたが玉石混淆といったところ。ロースはお勧めできる。

posted by すぱ九郎 at 17:57| Comment(0) | 外食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
古い記事へのコメントも大歓迎 わーい(嬉しい顔)