2017年09月12日

技が光る ―福禄(塩谷町)―

9月8日。塩谷町は船生でランチ。バイパス沿いには道の駅以外に飲食店は無いので日光北街道(R461)の旧道を選んで進み、福禄という割烹に入った。この店の脇の道を入っていくと道の駅に出る。
ウナギを売りにしている店のようで構えもちょっと高級そうなのだが車が一杯で(といっても3台しか駐められないのだが)諦めたことも多くずっと気になっていた店だ。この時は1台だけ駐まっていた。

割烹というだけあって店の造りがちょっと凝っている。向かって左隅から入り右隅まで壁沿いに進むと水鉢が置いてあった。その奥が入り口になっている。
客席は4人掛けのテーブルが4つと小上がりには4人卓が4つ。
テーブルの1つには女性二人連れが食事を待っていた。

メニューはこちら。
170908-01.jpg
店頭に定食と書かれた幟旗を出しているので1000円前後の飯もあるに違いないと踏んでいたとおり種類は少ないがやはり手軽な価格帯のものも揃っていた。

何も考えずにうな重といきたいところだが懐事情により却下。
他のメニューで揚げ物を避けると生姜焼が2種と親子重だけだ。
生姜焼のバラとロースの価格差が大きい。ライス等共通する品を除いた生姜焼単体で比べれば2倍近くになるだろう。正肉ではそれほどの価格差はないだろうからバラがお得なのかロースが充実しているのかとても気になったのだが、両方頼んでみないと比較できないしそもそも生姜焼という気分でもない。たまにはトンカツでも良いかなとも思ったが結局消去法で残った親子重を注文した。

しばらくして先客に食事が届いた。横目で確認するとどちらもうな重。蒲焼は重箱にびっちり敷き詰められており、ちらりと見ただけだがこれで2900円ならなかなか良いんじゃないかと思った。次に鰻を食いたくなったらここも候補に入れよう。

そしてさほど間を置かずにオレの親子重が届いた。
170908-02.jpg
蓋が少々浮き上がっている。その蓋をそっと開けると海苔の香りが鼻孔をくすぐった。
卵はしっかり完熟タイプ。鶏はモモでゴロゴロ入っているし玉ねぎの量もかなり多い。タケノコ、シイタケ、カマボコも入っている。

初めはかなりの汁だくだが硬めのご飯が直にほとんどの汁を吸い取り満遍なく味が染みる。このご飯と汁の加減は熟練の成せる技と言えよう。割り下は甘さ控えめのスッキリタイプだ。あいにく卵は好みの状態では無かったがこの汁が染みたご飯はそれだけで旨い。味噌汁も出汁が良く美味い。

ご飯も頭もみっちみちだが重箱が上げ底なのでたいした量では無かろうと油断していたのだが実際量はかなり多くこれだけで腹一杯になる。食後にはコーヒーを出してくれた。

後から入ってきた男性二人連れは「トンカツ定食2つ」と先に注文を済ませてから席に着いていた。常連なのだろう。バイパスが通ったせいで船生の飲食店は通りすがりの客が一気に減ったという。実際廃業してしまった店も3つ、4つ数えられる。結局生き残れるのは地元の支持がある店だけでそういう店に外れがあろうはずは無い。

170908-03.jpg
割烹福禄
月 1130-1400 1700-2000
0287-47-0715
栃木県塩谷郡塩谷町船生3582−5

posted by すぱ九郎 at 11:23| Comment(8) | 外食
この記事へのコメント
こんにちは初めまして

ずっとブログを拝見していて
更新が止まっていたのでずっと、どうして居るのだろうかと思っていました。
すぱ九郎さんのブログはブックマークにしていたので、つい先ほどブログを開いてみたら
更新されていて嬉しくなりコメントさせて頂きました。
8月から更新再開されていたのですね。
とても嬉しいです。
これからも気ままにご自分のペースでブログを書いてくれることを期待しています。
とても嬉しくて慌ててコメントしてしまいました(^-^)!
Posted by 久美 at 2017年09月12日 18:43
久美さん、初めまして。
長らくサボっておりまして5月からぼちぼちと書き始めました。
写真を意識的に少なくして、文字ばかりのある意味時代遅れなブログですから実際どれほどの方が読んで下さっているのか疑問に思いつつ書いているのでこのようなコメントを戴けると大変嬉しく励みになります。
なにぶんムラッ気の多い性格なのでまたぱったり書かなくなる時期もあるかもしれませんが、辞めてしまうことはないと思います(たぶん)。
拙い文章ではありますが今後とも温かい目で見守って下されば幸いです。
Posted by すぱ九郎 at 2017年09月12日 19:27
すぱ九郎さま、初めまして。
いつも楽しみにブログを拝見させていただいております。
仕事で疲れ帰宅し拝見するのが毎日の日課になっており、最近更新がされておらず少々心配しておりました。
また、地域の食文化のレポートはすばらしく、肉鍋の特集を見て紹介されておりましたドライブインに食べに行ってしまった程です。
東京の立川とプチ遠方な為、ご紹介のお店にはなかなか足を運べませんが、レポートを見て満腹にしたいと思います。
これからもマイペースで頑張ってください。
応援しております。
Posted by 幸一 at 2017年09月12日 22:28
幸一さん、初めまして。
なんと立川からおいで下さったのですか。
遠方も遠方です。びっくりです。
最近は外食を出来るだけ控えておりまして、そんな少なくなった機会にもかかわらずハズレを引くことも多々ありまして、書けない日が続くこともありますが、引き続きお付き合いくださいますようよろしくどうぞ。
Posted by すぱ九郎 at 2017年09月12日 23:21
よく読みましたら5月から再開していたのですね!
すぱ九郎さんはひたし蕎麦の記事が充実していますね。私もお蕎麦が大好きで色々な所へ食べに行っています。冷たいお蕎麦が好きなので
もり蕎麦やざる蕎麦の美味しいお店を探し回っています。大田原や那須塩原辺りでオススメのお蕎麦やさんはありますか?
私は芦野の道の駅にある水車そばが好きです(o^^o)つゆ甘めが好みなので
結構、大田原近辺はつゆがしょっぱ目なので
まだまだ探し中です。
パチンコ屋さんに隣接するお蕎麦やさん、行ってみたかったです…廃業してたなんて。。
ラーメン屋さんの時は何度か行ってたのですが
まさかお蕎麦やさんになってた事すら知らずにいたので
すぱ九郎さんの記事を読んで、食べられなかった悔しさを感じています。
これからもブログ楽しみにしていますね。
また、コメントさせて下さい。
Posted by 久美 at 2017年09月13日 22:26
久美さん、こんばんは。
蕎麦好きですか。最近ひたし系ばかりですが、私もせいろ蕎麦大好きです。
私はどちらかと言うと濃いめの汁をちょこっと付けて喉越し勝負みたいなのが好きなのでその手の店なら切りが無いほど出てくるんですけどね。
汁が薄めで甘めとなると、「農村レストラン」が良いんじゃないかと思います。
https://goo.gl/Jw2qA2
県内の70くらいのレストランの集合体で県北の蕎麦屋が10店以上あります。伊王野の水車館もこれに含まれています。
中には濃いめの汁の店もありますが、比較的甘めの汁の店が多いです。
お好みの店が見つかると良いのですが。
Posted by すぱ九郎 at 2017年09月14日 00:57
さすがすぱ九郎さま
福禄も制覇されるとは。
福禄は品のいい佇まいといい、ていねいな調理といい、鄙にはまれな隠れた名店ですよね。もう少し明るい雰囲気があり、メニューに今時の工夫があれぱ人気店になるのにもったいなと。ヒレカツ定食もヘタなとんかつ専門店よりおいしいです。
塩谷町は「みつわ」「千門天」もおすすめです。もちろん「とりや」も。
Posted by 猫ばば at 2017年09月18日 14:05
猫ばばさん、初めまして。
福禄は確かにもう少しメニューが充実していればなと思いますね。

実は船生の現存する飲食店は全て制覇してしまいました。福禄が最後だったのです。
もっともみつわに行ったのはかれこれ20年ほど前なので今の形態になってからは未訪です。千門天もずいぶんご無沙汰ですね。とりやには5回は行っているかな。
船生なら私はちどりの蕎麦が好きです。今ネタを溜めていてそのうち記事に出来ると思います。
Posted by すぱ九郎 at 2017年09月18日 22:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
古い記事へのコメントも大歓迎 わーい(嬉しい顔)