2017年08月07日

ムラサキヤマドリタケ(仮)

予定稿を押しのけて一本挿入。今日の話ね。

昼飯を食い終え、客先に向かうも20分ほど時間があったので現場近くの公園を散策していたらキノコ発見。
全体的に傘が黄色のイグチ。でも所々に入っている紫色のまだらが気になる。

170807-11.jpg
うーん、これは…もしかしてもしかしてもしかするとムラサキヤマドリタケなんじゃないか?
もしそうなら美味(と言われている)キノコなのだ(食べたことないけど)。イタリアンで有名なポルチーニの仲間。

傘全体が濃い紫色であることが多いのだけれど、こんな風にほとんど黄色の個体も珍しくはないらしい。

170807-12.jpg
柄は硬くしっかりしていて、全体的に濃い紫で網目模様。よし、特徴に合致。
けれど柄が妙にひょろ長いんだよなぁ。もっとズングリムックリしているはずなんだけど。この点だけが気になるんだなぁ。

とりあえず確保。

仕事完了。

そして帰宅。

これは一番色の濃い個体。柄も今回獲った中では比較的太く短い。
170807-15.jpg

他はこんなのばっかり。
170807-14.jpg

ネットで色々調べたところ、日当たりが悪いと柄がひょろ長くなることもあるそうな。確かにあそこはほとんど陽が当たらないところだ。

よし、食っちゃえ。
明日は今のところ仕事入ってないし。

早速スーパーへ行ってナスとピーマンと牛肉を買ってきた。
それに先日買って余っていた白いキュウリを加えて炒める。油はたっぷり使う。
味付けはオイスターソースベースだ。

170807-16.jpg
我ながら会心の出来映え(でも汗だく)。

当然初めて食べたけど、ムラサキヤマドリタケ(仮)は柄と傘で全く食感がちがうことが分かった。
柄はシャキシャキと歯触り良し。
傘はゼリーの如くぷるるん。
共にキノコ自体の癖も主張も余りないけれど、他の食材からのエキスを吸って一体化している。名脇役的存在だな。
赤ワインと共に瞬く間に食い終えてしまった。

後は同定を間違っていないことを祈るばかりだ。まあ明日の朝までにはケリが付くだろう。
<17/8/8追記 問題なく朝を迎えることができた。>
無事(仮)が取れたら、今日は小さいのを残してきたし、水曜あたり雨が上がったらまた獲りに行こう。残っているといいな。

posted by すぱ九郎 at 20:54| Comment(2) | 自然
この記事へのコメント
こんにちは、初コメです
山で仕事しているので、キノコたっくさん見かけますが、怖くて食べられないです、
それでもチタケだけは分かるようになったので収穫しては茄子と一緒にうどんの汁にして食べます。
ムラサキヤマドリダケ、初めて聞きました、うちの方にも生えてるのかな〜?今度気を付けて見てみます

Posted by エアーギタリスト at 2017年08月08日 13:23
エアーギタリストさん、こんにちは。
無事でおります(笑)。
でもやっぱりキノコは怖いですよねぇ。
こんな書き方をしていますが、99.99%間違いはないと思っていました。でも文字通り万が一ってこともありますからね。突然変異もあるそうですし。

この日は他にも食べられそうなきのこがあったのですがそちらはパスしています。

チャレンジした甲斐あって本当においしいきのこでした。今度はパスタの具にしてみようかと思っています。

あ、(仮)消さなきゃ。
Posted by すぱ九郎 at 2017年08月08日 13:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
古い記事へのコメントも大歓迎 わーい(嬉しい顔)