2017年06月05日

定点観測 ―ねぎっこ 西那須野本店(西那須野)―

風邪を引いてしまった。
1日の昼頃にリンパ節が腫れているのに気づき、こりゃなんか変だなと思っていたところ、翌朝は腹痛で目覚め強烈な下痢。5時半頃だったのだが寝直す気も起こらずそのまま起床。
その後外出したのだが直に体の節々が痛くなり昼飯後に予定を変更して帰宅。案の定微熱があった。机に座っていたらうとうとしてしまい気づいたら数時間経っていた。そしてあらためて検温したら38.6℃にまで上がっていた。
38℃を超えた発熱は久し振りだ。ちょっと動揺する。このまま上がり続けて39℃越えなんてことは勘弁願いたい。とりあえず薬を飲もうと思い、アルミ鍋付きのうどん(常備している)を作って食べて鎮痛解熱薬を飲んで様子見。幸いその後熱は順調に下がり就寝前には36℃台まで下がった。翌日はほとんど平常になったのだが念のため一日だらだらと過ごした。
今回は腹痛と発熱以外に症状がなく熱もガッと上がってストンと下がったのでもしかすると風邪ではなく食中りだったのかもしれないがちょっと心当たりがない。
と、6月のスタートは散々な具合だったのだが言いたいのは体調のことではなく飯の話。というのも風邪を引きそうなときあるいは引いたあとになると決まって食べたくなるものがあるのだ。
それは「ねぎっこ」の野菜ラーメン。別に風邪に関係なく食べることの方が多いのだが、風邪を引いたあとはとにかくここじゃなきゃダメって感じ。

野崎街道沿いにこの店が出来たのは20年くらい前。開業当初から人気店で、当時から比べて競合店が増えた今でも席待ちは珍しくない。
オレもここには何度も訪れている。特に開業してしばらくは週一くらいで通っていた。どうもここのスープには中毒性があるのだ。どうにも後を引いて食べ終えるとまたすぐに食べたくなってしまうのである。あるときこの状態から抜け出そうと思い3週間ほど行くのを我慢したところあれほど強かった欲求が弱まり、その後はずっと年に2、3回程度のお付き合いをさせていただいている。
当然このブログを始めてからも何度も訪れているのだが記事にするのは今回が初めてである。どうせなので(写真が残っている)過去の食事も一気に掲載してしまおう。

まずはメニューから。
170604-02.jpg 170604-03.jpg
2014年に撮ったメニューの写真も手元にあって比較してみたらいくらか値上げされていた。そのタイミングが分らなかったのでヘビーローテーションしている鷹さんの過去記事に頼ってみたところ2016年の8月か9月あたりで現在の価格になった模様である。

ここの人気メニューは野菜ラーメン。3、4割の人がこれを頼むのではないかと思う。味付けの基本はみそ、しお、しょうゆとある。一時期カレーもあって、カレー自体この辺りでは珍しいのだが特にここのカレーはスパイシーで辛みが強く、そのせいかあまり一般受けしなかった様で長続きしなかった。オレは一度食べてすごく気に入ってしまったのだが次に訪れたときにはもうなかったのだった。
オレがここで食べるのは野菜ラーメンと決めている。一時期色々と浮気したこともあったのだがやっぱり野菜ラーメンが一番だ。みそ:しお:しょうゆの選択比率は6:3:1くらいだろう。とはいうもののここはスープが白湯で濃厚なためか味付けによる差がさほど感じられないのである。一般的なラーメンだと塩と味噌では別物だがここでは2つを並べておいてスープを飲み比べても見た目といい味といい違いがあまり気にならないのだ。

それからここには卓上にある各種調味料の中におろしニンニクと七味唐辛子がある。
170604-05.jpg
個人的にはこれらは必須アイテムで、共に2、3杯くらい盛る。ちなみに野菜ラーメンには具材として1欠け分くらいのニンニクのスライスが入っているので接客の人は要注意。

さてそれでは古い方から。
まずは2014年11月(夜)に食べた野菜ラーメン(たぶんしお)+からしギョーザセット。
141112-12.jpg
メニューにあるとおりここには餃子が3種類ある。それぞれ単品で280円だがそれに半ライスと漬け物が付いたセットにすると20円差の300円と大変お得なのだ。餃子単品とセットの価格は開業時から現在までたぶん変わっていない。

次は2015年7月(夜)に食べた野菜ラーメン(たぶんみそ)+ニンニクギョーザのセット。
150702-11.jpg
半ライスは写っていないが当然付いている。

3番目は少し飛んで今年の1月(昼)に食べた野菜ラーメン(たぶんみそ)+焼きギョーザ単品。
170122-01.jpg

最後は昨日の昼に食べた野菜ラーメン(辛しみそ)
170604-04.jpg
麺は自家製で丸刃の中太ストレート。腰は強い方ではないがヘナヘナしている訳ではなくモチッとしていてなおかつややぼそっ気もある感じの不思議な食感。スープを良く持ち上げ麺とスープが一体となって迫ってくる。
ベースはみそでそれに辛しみそのトッピング。溶け込まない様にレンゲに載せてありもう1枚スープを掬うためのレンゲが重ねてある。
辛しみそ自体はさほど辛くはない。病み開けで塩味に鈍感になっているのでそれを補うための意味合いの方が強い。

と、ざっと4回分載せたのだが…
実を言うと今回のラーメンを食べていて頭の中に?????が浮かんだ。野菜が変だ。

ここの野菜ラーメンの魅力はいくつかあるがその中でも野菜の種類が豊富で量が多くまた豚肉も多い、というのがオレ個人の最大の評価ポイントだったのだが、今回のはどうだ?
野菜といえどモヤシが大半を占めているではないか。そりゃモヤシだって立派な野菜ではあるけれど、ここのはキャベツ主体でそれにピーマン、にんじん、玉ねぎ、キクラゲ等々。モヤシはその一員に過ぎなかったのだ。炒め具合(しゃきしゃき感)も今イチだったし豚肉も少なかった様に感じた。

そしてオレはこれらの写真の編集をしていて確信してしまったのである。
170604-0a.jpg
これはもう変質と言っていいレベルだ。先に値上げについて書いたが値上げ前の2015年と値上げ後の2017年を比べると歴然である。前回食べたときはさほど気にならなかったのだが写真で比べるとやはりかなり差がある様に見える。2016年の写真が残っていないのがつくづく残念だ。
値上げ自体は仕方がない。だけど値上げして質を落とすのはいくら何でも戴けない。何のための値上げなのか。
店としては色々と言いたいこともあろうが、こんな仕事しているとそのうちに客が離れちゃうぞ。
一応常連客として苦言を呈してみた。次回に期待。

141112-11.jpg
ねぎっこ 西那須野(本)店
無休 1100-2200
0287-37-5722
栃木県那須塩原市一区町130−6

posted by すぱ九郎 at 23:39| Comment(2) | 外食
この記事へのコメント
こんばんは(^_-)y

これは意外でしたね。九郎さんがねぎっこ行ってたなんて。まぁ〜ブログUPしなかったので知らないの当たり前かσ^_^;それにしても差が歴然として唖然呆然・・・。私はここでは主にネギラーメン系を好んで食べるので、野菜ラーメンはさほど詳しくはないのですが、最近しょうゆの野菜ラーメンを食べて旨すぎて驚いていました。これには全然気がつきませんでしたわ。今度私も検証してみますね。たまたま作り手によって違ったことを願うのみです。

・・・あ!今日みつわでカツ丼食ってきました。YouTubeには既にUPしております。旨かったです。その先の大章軒食堂も気になったので検索したら、九郎さんの記事がヒットしました。そのうちカツ丼食いに行ってきやす♬
Posted by 鷹 at 2017年06月06日 02:07
鷹さんこんばんは。
私も作り手による違いと思いたいのですが、材料の配分比はたぶんマニュアル化されていると思うのですよね。
調理場を見ると「キャベツの切り方」なんてのが張ってありますし。
さてどうなることか。

大章軒食堂ですか。私もご無沙汰だなぁ。
ここのカツは並上ヒレと3通りありますから開拓のしがいがありますよ。
Posted by すぱ九郎 at 2017年06月06日 02:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
古い記事へのコメントも大歓迎 わーい(嬉しい顔)