2016年12月12日

タコ焼きは家で作るに限る

161211-00.jpg

タコ焼き作りが楽しい。そして自分で作ったタコ焼きはめちゃめちゃ美味い。

去年の10月頃、ふらりと入ったとある古道具屋で埃をかぶっていた鋳鉄製のタコ焼き器を見つけた。それまでオレはタコ焼き作りは一度もしたことがなかったのだがそれほど難しいものでもなかろうと思い衝動的に買って帰った。確か500円だったと思う。縦横4列ずつの一度に16個焼けるタイプで穴の直径は44mm。鋳物だけあって重量感がある。

古道具屋からの帰り道にスーパーに寄り材料を購入し、Youtubeなどでタコ焼き作りのビデオを見て作り方を勉強してから取りかかってみた。もちろん鋳物なのでタコ焼き器のシーズニングも行う。さすがに初めてのタコ焼き作りとあって手際よくとは行かなかったがそれでも16個中2、3個は売り物になるくらいきれいに焼け、大半は丸くはなったもののやや不格好な仕上がり。そしていくつかは修復不能なまま無残な形という結果になった。

何はともあれできあがったタコ焼きを早速食べてみた。すると不格好なものも含め丸くできたものは側がサックリで中はトロトロと、これまでオレが食べたきたタコ焼き(といっても関東のみでしかも10回ほどだけなのだが)とは別次元の物なんじゃなかろうかというくらい美味かったのである。無残な形のものもサックリ感はなかったものの十分おいしく食べることができた。予想以上の結果にビックリである。

その2、3日後にたまたま遠方から来た友人を囲んでの集まりがあたのでその場へタコ焼き器を持ち込んで作って出したところこれが大好評だった、なんてこともありその後も自宅でセコセコとタコ焼き作りに勤しむ。だが16個全部が上手く焼けることがほとんど無くたいてい2、3個はグチャグチャになってしまうのであった。形は悪くてもかなり美味いので失望するほどのことではないのだがタコ焼きはやはり形良く焼きたい。そう思って何度か繰り返すうちにどうやら穴によって温度がかなり異なることが上手くいかない原因だということに気づいた。

このタコ焼き器はほぼ正方形で底は穴の形のままボコボコしているタイプ。一方熱源は家庭用のガスコンロなのでそのバーナーは円形。なので炎が直接当たるところと特に4隅とでは温度に大分差が出るようなのだ。温度の高い所ではもう周りが焼けてひっくり返すことができるのだが低いところではまだ形になっておらずその段階で返そうとしてしまうとグチャグチャになってしまい回復不能に陥ってしまうのである。
なので4隅を使わずに焼いてみたり焼いている最中にタコ焼き器を動かしてみたり、あるいは生地の注ぎ方を変えてみたりといろいろ試してみたのだがどうも納得がいかない。どうやらこのタコ焼き器はバーナーが列状になっている専用のカセットコンロで使うためのモノらしいということが判った(全く同じ形状のモノがネットで見つかった)。
技術があればこのタコ焼き器と家庭用ガスコンロの組み合わせでも上手く焼けるのだろうがオレの腕ではストレスが溜まるばかりで楽しくなくなってきてしまったのでしばらく後にタコ焼き作りはぱったりしなくなってしまった。

そして先月、急にタコ焼きが食べたくなった。そこで久しぶりに例のタコ焼き器を引っ張り出して見たところ、かなり錆が浮いている。ずっとほったらかしだったからねぇ。鋳鉄製なのでサンドペーパーで錆を落としてしまえば良いのだが、フライパンなどとは違って凹凸だらけのタコ焼き器はペーパーを掛けにくいしそもそも使い勝手が良いとは言いがたいモノだったのでこれを機に買い直すことにした。

そこでネットでいろいろ調べてみる。
条件としては
・ガスで使えるモノ
・四角ではなく円形かそれに近いモノ
・鋳鉄製(これ大事)
で、目に付いたのがPanasonic KZ-TK1

鋳鉄のタコ焼き器がPanasonic製というのもなんだか変な感じがしたが、どうやら南部鉄器の有名メーカーである岩鋳からのOEMでIHヒーターのオプションとしてPanasonicで扱っているモノのようである。なので南部鉄器と言いながら中国製のモノもあるがこれはちゃんと日本製だ。IH専用とのことだが、ガスでも使えそうだし、Amazonにはガスで上手に使えるとのコメントがある。裏面が気になるがIH用ならば平らになっているはずで凹凸は埋めてあるだろう。だがメーカーにもAmazonにも裏の画像が載っていないので確信が持てない。そこで再度検索を掛けたところ他のサイトで裏面を確認できた。案の定裏はほぼ平らになっている。価格もAmazonで送料込み3000円程度とまあ手頃だったので購入に踏み切った。

そして届いたのがこちら。14穴で穴の直径は約40mm。
161211-01.jpg
問題の裏面は写真のようにほぼ埋めてある。これなら円形のガスバーナーでも満遍なく熱が伝わりそうだ。いっそ三角形の2カ所の窪みも全部埋めてしまった方がより良さそうな気もするが、IH用に最適化した結果なのかもしれない。
ただ、これはかなり重い。計ったわけではないがカタログには2.2kgとある。幅は18cmなのだがこのサイズの全鋳鉄製のスキレットでも1.6kgがせいぜいないのではなかろうか。もっとも中華鍋のように振り回すわけではないので焼いているときには全く気にならないだろう。この重さは熱容量が大きい現れなのでこれを持ち上げずっしりとした重さを実感したときには上手く焼けそうな期待にワクワクした。

早速使ってみた。

まずは油慣らしをしなければならない。
各穴にやや多めに油を入れ更にくず野菜も適当に入れ火に掛ける。くず野菜を入れるのは油が跳ねて底面だけではなく周囲(壁面)にも油が回るようにするためと油の温度が上がりすぎないようにするためだ。時々くず野菜を混ぜてやる。
くず野菜が焦げてきたところで火を止めちょっと間を置いてから水で洗う。いきなり水を掛けると鋳鉄は割れることがあるので注意が必要。このとき洗剤を使ってはならない。スキレットなどとは違い凸凹しているので洗いにくいが、亀の子タワシの頭を穴に突っ込んでグリグリ回せば良い具合だ。
だが洗うときだけはこの重さがデメリットとなる。しかも木製の取っ手がねじ込み式でこれがきっちりロックしないため、取っ手を持ってプレートの右側を洗おうとするとプレートがくるりと回ってしまう。洗うときは取っ手を持たずに置いた方が無難だ。

さて油慣らしが済んだところで本番。
タコ焼き粉は日清フーズのものを使用。今までいくつか試したが今のところこれが一番旨いと思う。生地の他に用意したのは青ネギ、紅ショウガ、天かす、そしてもちろんタコ。
プレートを十分予熱し油を引いたらいざ生地を流し込む。ジュジューといい音がする。生地をやや少なめ(8分目ほど)注いだらタコを落とし他の具材を振りまく。
さほど待たずにプチプチと音が変わり穴の周りの生地が焼けてきたのでクルリと90°回す。すると生地がこぼれてまたジューと音がする。イイねぇ。
さすがに全く均一というわけにはいかなかったけれどやはりこれは熱の周りが安定していてほぼ均等に焼き上がる。期待通りだ。
全部の穴を90°返したところで生地を少量ずつ各穴に継ぎ足す。これには異論もあろうが、オレの経験だと素人はこの方がきれいに丸くできるように思う。
また周りが焼けてきたところで返し、全周が固まったらきれいに丸くなるようにくるくると回してやる。

161211-02.jpg
アオサを振りかけソースを垂らす。あ、鰹節削るの忘れてる!仕方がない。すぐ食べたかったから今回は鰹節は無しで(泣)。マヨネーズは掛けずに皿の端に垂らしておいてタコ焼きをチョンチョンと付けてからぱくり。サクサクでトロトロ。火傷しそうに熱い。でもこれが旨い。

新しいタコ焼き器が届いて2週間ほど経つが、4回は使ったかな。夕食だったり昼食だったりおやつだったり。タコ以外でもチーズや餅を入れても美味い。キムチも美味いそうだ(オレは試したことないけど)。

1回につき30個ほど焼くけど食べきれない場合は翌朝こうなる。
161211-03.jpg
熱い出汁にドボン。タコ焼きにマヨネーズを直接掛けないのはこのためなのだ。ソースは付いていてもイイのだけれど、マヨネーズはこれにはちょっと合わないかな。朝食にちょうど良い。

自家製タコ焼きはホント旨いから一度お試しあれ。後悔はしない、と思うよ。たぶん。

ちなみにタコ焼きの作り方はYoutubeではこれが一番参考になった。


posted by すぱ九郎 at 11:00| Comment(6) | 日常
この記事へのコメント
初めまして。ずっと更新がないのでどうかされたんじゃないかと
心配していたんですが、元気にたこ焼きを作ってらっしゃったようで
安心いたしました(笑)。
私設待合所の記事は大変楽しかったです。これからもどうぞ
面白い話をよろしくお願いいたします。
Posted by にゃんころいど at 2016年12月12日 22:30
にゃんころいどさん、初めましてそしてこんばんは。
ちょっと間が開いてしまうと再開するきっかけをつかむのが難しくて…
ずるずると日ばかりが過ぎてしまいました。
今回も再開に当たって何か書こうかなとも思ったのですが、そんなことを考えているとまた機会を逸しそうだったので、何事もなかったかのようにスルーして再開することにしました。エヘヘ。
最近外食することが以前と比べて大分少なくなってしまったのですが、記事にしたい店はいくつかありますのでそのうちアップするでしょう。
ちなみに休止期間中は至って元気でした。
これからもよろしくお付き合いください。
Posted by すぱ九郎 at 2016年12月12日 22:57
お久しぶりです。
ほんと お元気そうで 私も安心しました〜。
たこ焼き すごい上手に焼けていて なんて美味しそうなんですか! "すぱタコ"or"九タコ" 近日オープン待ってますヾ(^▽^)ノ
Posted by まふ味 at 2016年12月13日 10:14
まふ味さん、こんにちは。すっかりご無沙汰しちゃいまして。
タコ焼きは焦らず落ち着いてやればド素人でもなんとかなるものです。
そしてホントおいしいんですよ。自分で作って自分で食べて感動したことは今までで数えるほどしかありませんがタコ焼きはその筆頭です。
すぱタコも九タコも残念ながら今のところオープンする予定はないので(笑)まふ味さん、挑戦なさってはいかが?
Posted by すぱ九郎 at 2016年12月13日 10:50
こんばんは(^_^)y

九郎さんお久しぶりです!いや〜元気そうでなによりです\(^o^)/

実は私もたこ焼きしたいな〜と思っていたんですよ♬アメブロのサンタさんにお願いしたけど、多分当たらないだろうw

大変参考になります。東京に住んでいる方が、やはりご自宅で作られるのですが、四隅は作らない方がいいとアドバイス受けました。しかしこれはいいですね!メチャ旨そうです\(^o^)/
Posted by 鷹 at 2016年12月26日 01:37
鷹さん、こんばんは。ご無沙汰して申し訳なかったです。
タコ焼き、マジで美味いです。この記事を書いた後も2、3回作っています。
年が明けたら友人宅や実家にこのタコ焼き器を持って行って焼いてこようかと目論んでいます。タコ焼き伝道師。

アメブロサンタ、当たるとイイですね。
Posted by すぱ九郎 at 2016年12月26日 02:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
古い記事へのコメントも大歓迎 わーい(嬉しい顔)