2016年05月28日

オムレツ最高 ―浅草食堂(黒磯) その2―

160528-00.jpg

*** 浅草食堂の履歴 *****************
1回目
2回目(この記事)
*********************************
メニューや店舗情報は1回目の記事をご覧下さい

溜まっているネタはあるのだが、それより何より今日の浅草食堂を書いてしまいたい。やっと再訪を果たせた。

出かける前から昼飯はここと定めていたので、前回の記事を読み返しながら注文するものもだいたい決めておいた。
主食は気になっていた「中華もり」で不動。だがこれではあまりにも少なすぎる。カウンターの棚に置いてある(はずの)小皿を加えても足りないだろう。ライスと納豆とか親子丼とかを合わせた禁じ手のダブル主食も脳裏を過ぎったが、イカンイカンと頭を左右に振って打ち消す。焼き魚や野菜炒めの単品も考えたが、結局は奴豆腐と小鉢と目玉焼きの三品なんてのが妥当なところだろうと一応の結論を得た。

店に着いたのは11時20分頃。最近朝が早いので昼飯も早めに取ることが多くなっている。店に入ると既に先客がカウンターに陣取っていて冷やの日本酒のコップを傾けていた。前回はご主人一人だったが今日は女将さんもいて二人体制だ。

入口からまっすぐ小鉢の棚に向かいチェックしたところがんもどきの煮物だった。素早く一つ手に取り、そのまま一番奥のテーブルに着いた。
だが小鉢ががんもでは奴豆腐も頼むという当初の目論見が崩壊。豆腐が被ってしまうからだ。だったらこれと目玉焼きだけでもいいかなとも思ったが、目玉を止めてオムレツに変更することにした。なんだか和洋中と焦点の定まらない注文になってしまうが、こんな注文ができるのが食堂の良いところでもある。

お冷やを持って来てくれた女将さんに「中華もりとオムレツ」と注文を告げる。それを伝え聞いたご主人は「オムレツ?」と聞き返してからオレに向き直り「オムレツは単品でご飯は付きませんよ」と確認してきた。むろん承知である。ご飯が付いてしまったらこっちが困る。

小鉢には箸を付けずに待つ。するとご主人がカウンターの客に「お待ち」と言いながらトマトを出していた。ただのトマトの櫛切りだが妙に美味そうだ。そんなのメニューに無かったよなぁと改めてカウンターの上の見渡すと木札の下に「冷やしトマト 100円」「葉ショウガ 250円」という紙の札が画鋲で留めてあった。前回はなかったものだ。
今回のオーダーでは野菜が足りないなとは感じていたので、アレが100円かぁと思ったと同時に厨房に向かって「冷やしトマト追加」と言っていた。

そしてこちらが小鉢と冷やしトマト。
160528-01.jpg
共に特筆するほどのものではないが、どちらもこれで100円である。
トマトは小ぶりのものだが丸々1個分(ちなみに皮付きですよ、鷹さん)。これと同様で300円以上取る店はざらだ。

全部揃うまで待っているつもりだったのだが堪えきれずこちらから先に手を付けてしまうことにした。
トマトはまだ固さが残っていたが添えられている塩をチョンチョンと付けて食べると甘さが引き立つ。ぱくりぱくりとあっと言う間に完食。煮物は冷たいが味が染みて前回同様美味い。

前菜(?)を食べ終えてもまだメインが来ない。オムレツにだいぶ手間が掛かっているようだ。
とは言っても最初の注文からせいぜい10分ほどで今日のメイン2品が揃って届いた。
160528-02.jpg
まずは「中華もり」予想通りのビジュアルであった。汁はそばうどんのそれできちんと徳利に入れてあるのがスバラしい。薬味は練り辛子と刻みネギ。オムレツに手を付ける前にひと啜りしてみたが、味も食感も安心の予想通り。水で締めているせいかチャーシューメンの時より麺の腰は強い。あっさりなのは当然だ。練り辛子がとても良く合う。

そしてオムレツ。
160528-03.jpg
デカい。これを見たときには思わず「どひゃー」と言いそうになってしまった。表面の焦げ具合、good job. 心の中でサムアップ。
卵は2個かもしかすると3個使っているかも知れない。割ってみると中身は粗く刻んだタマネギと豚挽肉がみっちりと詰まっていた。そうそうこれですよ、これこれ。こんな「オムレツ」が食べたかったのだ。正統派のオムレツではなく、洋食のオムレツ。子供の頃、母が良く作ってくれたのを思い出して懐かしくなってしまった。目玉焼きから替えて大正解だ。

卵は良く焼かれているが内側には半熟なところも残っている。タマネギは9割ほどの火の通り加減なので甘くもありシャッキリ感も残しつつ生の香りもする。ケチャップが良く合うがこれに卓上の中濃ソースを掛けると絶妙。粗めの千切りキャベツを一緒に混ぜて食べるのもいい。
キュウリとトマトは冷やしトマトの塩で食べた。だが卓上には塩は置いていないのでマヨネーズがちょこんと添えられていれば言うことなしだったか。だがこのオムレツを前にしてしまえばそんなことは些細な問題である。

それにしても予想以上の大きさだったので食べ終えた時には満腹満腹。締めて800KCalで収まればいいのだが…な分けないよな。

posted by すぱ九郎 at 23:01| Comment(2) | 外食
この記事へのコメント
こんばんは(^_-)y

あちゃ〜先に2つもやられたーー

・・・と思ったらオムレツですかっ!私はオムライスを今月中に食べられたならと思っていたんですよ。

・・・ついでに中華もりw

でも2つは無理ですね(^^ゞ

先日塩原の蕎麦屋で、冷やしトマトがあったので、スタッフの方に聞いたら「皮?勿論剥きません」と言われたのでやめました(^^ゞ

大変参考になりましたm(__)y
Posted by 鷹 at 2016年05月28日 23:28
鷹さんこんばんは。
オムライス、期待大です。オムレツの出来から想像するに旨いに決まっています。是非とも行って下さいませ。

トマトは生でしたら皮付きの方が好き、というか皮を剥いたことないですね。パツンと弾けるような食感が良いじゃないですか。きっと鷹さんはそれが嫌いなんでしょうけども。
生のトマトの皮を剥くのってかなり手間が掛ると思うのですよねぇ(熟れている場合は特に)。
Posted by すぱ九郎 at 2016年05月29日 00:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
古い記事へのコメントも大歓迎 わーい(嬉しい顔)