2016年05月12日

新星! ―なおの木(黒羽)―

160512-00.jpg

またまた黒羽ネタ。
先日訪れた仕事先でたまたま食事の話題が持ち上がり、川西小学校の近所に蕎麦屋ができたという話を聞いた。今年の4月1日に開業し、ご亭主は元薬剤師とのこと。新しい蕎麦屋と聞いて訪れない訳があろうか(いや無い)。
早速その日のうちに店の場所を下見しておく。

そして訪れたのは4月30日。世間はゴールデンウィーク真っ盛り。
店の場所は、黒羽市街からだと川西小学校の前を通り過ぎて300mくらいのところ。店の前に6台分ほどの駐車スペースがあるが、更にもう少し先の道路の反対側にも駐車場が用意してある。建物は真っ新、新築のようだ。

入口を抜けると玄関になっており、そこで靴を脱いで上がる仕組み。バリアフリーにはなっていない。入口の正面は製麺室で隅に置かれた石臼がゆっくりと回転していた。

客席は座敷、テーブル、カウンターと揃っている。座敷とテーブルはそれぞれ4人卓が2つずつ。カウンター席は通りに面した窓に向かって6席据えられていた。
入店したのは11時20分頃だったが先客は無し。定年退職して蕎麦屋を始めたのだろうと勝手に思い込んでいたのだがご亭主はかなり若く40歳前後だろう。女将さん(?)にお好きなところへどうぞといわれたので座敷に上がり込むことにした。

メニューはこちら。
160430-01.jpg
1ページに1品ずつ書かれているので撮るのが大変。
初めての蕎麦屋では基本的に盛りを頼むことにしている。でもさすがにそれだけではちょっと物足りないかなと思い、お稲荷さんも付けちゃおうかなと思ったがぐっと堪える。2個セットではなく1個だけで注文出来たなら頼んだかも知れない。

そして注文してから3分ほどで届いたもりそば。
160430-02.jpg
まず目に付いたのが細さ。ずいぶん細い。蕎麦粉は細挽きのようで粒々はほとんど見当たらない。観察はこの程度し、撮影を済ませ早速頂く。
二八かもしかしたら7割5分くらいかも知れないが、喉ごしがすこぶる良い。ズズッっと啜るとそのまま食道を通り抜け胃に落ちる感じ。ボソッ気はあまりなくもっちりタイプだ。こりゃ旨い蕎麦だ。
汁は甘くもなく辛くもなく、出汁も出しゃばることなくとても調和の取れたものでこれまた旨い。脱サラ系蕎麦屋では、蕎麦自体は良いのだけれど汁が残念という体験をしばしばするのだがここではそんな不安は全くなく蕎麦を楽しめる。
蕎麦の量は一般的な1人前より2割ほど多い感じ。なので盛り蕎麦だけでよく腹が膨れた。

160430-04.jpg
蕎麦湯は打ち粉を加えて底上げしているタイプだが若干濁る程度に抑えてありサラッとしている。オレが最初の客なのでそうしているだけかも知れない。出汁が良いので蕎麦湯もまた旨い。

以前大田原周辺のお気に入りの蕎麦屋として「百承蕎麦 大和」を紹介したが、ここはそれに並びうる(もちろんオレ個人の嗜好の話ね)。
惜しむらくは、汁が猪口に入れられていること。徳利に入れてきてくれれば文句なしだ。

この様に大満足で店を出たにも拘わらず何で今日まで記事にしなかったかというと、それはまだ店主が若く、たぶん経験が少ないであろうから。蕎麦は「まぐれ当たり」があるのでコワイのだ。この様な店では一度だけではいくら旨くてもちと不安がある(と、理由を付けてもう一度訪れてみたかっただけという話しはナイショ)。

そして今日。ちと寝坊をしてしまい、起きたのが10時前。普段朝飯を抜くことはまずないし昨晩のうちに準備もしておいたのだがこの時間じゃもう昼になってしまうので、雑事を済ませ開店時刻の11時に着くように家を出た。
一番乗りなのは当然。今日はカウンター席を選択。
そして注文は(朝飯抜きなのでカロリーを奮発してと、また理由を付けて)天もりにした。

厨房を見ていたら、ご亭主は蕎麦専任のようで天ぷらは別に割烹着を着た女性(家族ではなさそうな感じ)が担当しているようだった。

そしてこちらが注文の品。
160512-01.jpg
天ぷらは小ぶりのエビが2尾。野菜はナス、シシトウ、カボチャ、ブナシメジ。塩を付けてもらったのでそれで食す。
衣が薄くパリッとしていていい上がり具合だったが、エビは若干火が入りすぎている感じがした。ナスはジューシーでシシトウはサックリ、カボチャはほくほくでブナシメジは香りよくと、野菜天は文句なし。

一方の蕎麦。
前回よりも麺が若干柔らかめ。茹で時間過多というよりは捏ねるときの水の量が多い感じ。とは言っても酷い訳ではなくこれでも十分に美味い。
汁は前回より甘みを強く感じた。だがこれは朝飯抜きという体調が大きな要因かも知れない。

この様に安定感に若干の不安があるものの、とてもレベルの高い蕎麦である。今までは旨い蕎麦を食いたくなった時、近所では大和が筆頭に挙がったがこれからはここが並び立つこと間違いない。これで選ぶ楽しみが増えた。

160430-03.jpg
なおの木
火 1100-1500
070-4147-8156
栃木県大田原市黒羽向町668−1
<2016/5/14 お店のFacebookがあったのでリンクを追記>

posted by すぱ九郎 at 17:00| Comment(2) | 外食
この記事へのコメント
黒羽の知られざる情報提供、とても参考になります!

次回は、余瀬にある角さんラーメンの記事を熱くお願いしたい次第です。

これから暑い季節となりますが、お体に充分留意されblog活動にがんばって下さい。

Posted by ラーメン覚さん at 2016年05月15日 13:57
ラーメン覚さん(敬称略します)、初めまして。そしてこんにちは。
拙い文章のブログではありますがお役に立っているようで喜ばしい限りです。

余瀬の角さん、ポッポ道沿いの店ですよね。もうだいぶ前(7、8年くらいかな?)に訪れています。チャーハンが美味しかったのを覚えています。
まだ当ブログには載せていないのでそのうち伺うと思いますが、なんせ気まぐれな質なのでいつ頃になるのかは自分でも分りません。どうか気長にお待ち下さい。
Posted by すぱ九郎 at 2016年05月15日 17:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
古い記事へのコメントも大歓迎 わーい(嬉しい顔)