2016年04月13日

浅草食堂(黒磯)

160411-00.jpg

*** 浅草食堂の履歴 *****************
1回目(この記事)
2回目
*********************************
2回目の記事にメニューの一部の記述があります

11日月曜日。先の番外編のため黒磯駅前の駐車場に車を預けていたので実家からは黒磯まで電車に乗って帰ってきた。黒磯には昼に着くように逆算して実家は朝出てきている。というのも早急に行ってみたい食堂が黒磯にあったのだ。

この食堂はだいぶ前に地図を見ていて見つけたのだが、その後実地検分したら開いていなかったので、雰囲気からして廃業したのだろうと思っていた。だがこの時の例も有るので那須野屋食堂を訪れたその足で再度確認に訪れてみたら営業していたのである。やっぱり1、2度フラれたくらいで諦めてはいけませんな。なので近日中に機会を作ってでも訪れようと思っていたのだった。

ということで黒磯駅からまっすぐここを目指し13時ちょうどに到着。
引き戸を開けて店に入る。古びてはいるが手入れはされており汚くはない。外観もそうだが中も実に良い雰囲気じゃないか。

メニューは厨房側の壁に掛けられている。
160411-01.jpg160411-02.jpg
木札の他にもボードに書かれている物も有り、かなり種類が豊富だ。麺は中華、蕎麦、うどんと揃っているし定食類も丼物もある。魚もあるし…お、納豆単品50円だって。こりゃ迷うなぁ…

候補を絞って消去法で選んでいこうなんて思っていたのだけれど、どうにも絞り切れそうもないので、理屈抜きで欲求に従い「チャーシューメン」と厨房にいる60年配のご亭主に注文した。

注文を済ませ席に着こうとしたら、カウンター上の棚に煮物らしき物が盛ってある皿を発見(メニュー写真の「赤魚定食700円」の真下辺り)。
一つ手に取るとそれを見たご亭主は頷きながら「100円」と一言。
160411-03.jpg
チャーシューメンだけではちょっと物足りないような気がしていただけに量的にも栄養的にもこれはちょうど良い。
もちろん冷たくなっていたが味がきちんと染みていて旨い。

そしてちょうど煮物を食べ終えたときにチャーシューメン登場。
160411-04.jpg
これ600円だよね、と思わずメニューを見直してしまった。チャーシューが1234…7枚くらい?重なっていてよく解らん。部位は肩だろう、かっちりとした噛み応え。オレはどちらかといえばホロホロタイプよりもこの手の方が好きだ。味もしっかり付いている。
麺は食堂で良くあるタイプのストレート細麺。茹で加減は柔らかめだった。
スープはこれまたオーソドックスな鶏ガラメインで油の浮きは少な目。ちょっと雑味を感じたが嫌味というほどでも無い。この手のスープにはコショウが良く合うはずだ。卓上を見ると粗挽きのブラックペッパーが置いてあったので3回ほど振りかけるとほどよく締まり良い塩梅になる。食べ終えてもズルズルと啜り続けスープを飲み干しそうになり、堪えて勺を置く。

メニューが豊富なのでここは開拓のし甲斐がありそう。麺類ではタンメンが気になるし、オムライスや定食も試してみたい。もちろん丼物も。

黒磯もほぼ開拓し尽くしたかと思っていたのだがこの分だとまだまだ知らない店があるに違いない。

160411-05.jpg
浅草食堂
水 通し営業
0287-62-0125
栃木県那須塩原市松浦町121−270

posted by すぱ九郎 at 22:27| Comment(2) | 外食
この記事へのコメント
こんばんは(^_^)y

昨日の夕方行って来ました。ありがとうございますm(_ _)y

好みのお店でしたよ。私は迷わずかつ丼食いましたwメチャ旨かったですよ。営業時間は11:00〜20:00の通し営業です。

ここも開拓しがいのあるお店ですね(^_^)y

あっ!またよろしく(u_u)y
Posted by たか at 2016年04月23日 01:25
鷹さん、こんばんは。
いつもながらフットワーク軽いですねぇ。
ここはホント、開拓しがいがありますよね。試したいメニューだらけ。
かつ丼のレポ楽しみにしています。
Posted by すぱ九郎 at 2016年04月23日 01:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
古い記事へのコメントも大歓迎 わーい(嬉しい顔)