2016年02月17日

あとやま(東那須)

昨日。ここ数日の例に漏れず昼は自宅で摂るつもりでいて、何を作ろうか考え始め、その考えがまとまりそうになった頃、急遽外の仕事が入った。なのでこれ幸いと現場近くの那須塩原駅周辺での外食に変更。ちょうど気になっていた店があったのだ。

場所は駅西口側で、大通りから一本入った所。トヨタレンタカーの裏側に当たる。この辺りは滅多に通らないのだが先日地図を見ていて店があるのを知ったのである。

店に着いたのは13時をちょっと過ぎていたが3台分ある店の駐車場が生憎満杯。でもこの時間なら食べ終えて帰る客がぽんぽん出るだろうと思い、偵察(他に知らない店があるかも知れない)を兼ねて周辺をぐるりと一回りすることにした。けれど新しい店は見つからなかったし、店に戻ったみても車は全く動いていなかった。ならばと別方面をもう一回りしてみたがやはり状況は変わらず。仕方がないので別の店にしようかという考えも過ぎったのだが、この時間で客が入っているということでますます興味が湧いてしまいこの機会を逃したくなくなった。そこでふと思いついたのが、懇意にしてもらっている方からいつでも使って良いですよと言われていた駅前の駐車スペース。今まで使ったことはなかったのだけれどこの際借りてしまうことにした。
そのスペースに駐め、念のため名前を書いた紙を外から見えるようにフロントガラスの内側に置いて店に戻った。これで店の駐車スペースが空いていたらガックリ来るところだが、やはりまだ3台とも同じ車が駐まったままだった。

という訳で店に入ったのは13時10分過ぎ。出入り口のすぐ脇に居心地良さそうな小部屋があり4人掛けのテーブルが1つ置いてあるが30代くらいの女性の2人連れで埋まっていた。そのまま奥に進むと左側には4人掛けのテーブルが2つと狭いカウンターにはちょっと窮屈そうに5脚。右手は小上がりで4人卓が3つある。カウンターの端では作業着を着た男性が独り料理を待っていて、テーブルには50代くらいの夫婦が一組。小上がりには卓を2つ繋げて70代くらいの男女6人グループが陣取っていた。カウンターに着こうかと思ったのだがちょっと狭いので空いているテーブルに決めて腰掛けた。

テーブルに着くまでの間にちらりと見た先客の料理はいずれも同じ物のようだった。大きめの盆にいくつかの小鉢が載っていてメインはトンカツらしい。これ良いんじゃないか?
とはいうものの、とりあえずメニュー拝見。
160216-01.jpg
筆頭が海老フライで特大、大、中と3サイズ揃えている。かなり海老には拘っているらしい。海老は鮮度が命だから、これだけ揃えられるということはそれだけ出ているということなのだろう。とはいってもオレはあまり海老には拘りがないので、パス。
カキフライや焼き魚もいいかなと思ったがやはり先客のメニューが気になる。だがそれらしき名前のメニューがない。メニューを見直すと日替わりランチの括弧書きが一致しているようだ。これでいこう。

カウンターの客はだいぶ待たされているらしい。店の人がもうすぐ出ますからと声を掛けていた。その言葉通りその客には声を掛けてから1分ほどで配膳された。やはり日替わりランチのようだ。オレの方はその後もうしばらく待ってから届いた。20分ほど掛ったのでここは時間の余裕を見た方が良いのかも知れない。
ともあれこちらがこの日の日替わりランチ。
160216-02.jpg
先客の料理をじっくりと観察したわけではなかったので大雑把な印象しかなかったのだが、これはその印象よりもずっと良い、いや、大変スバラしい。
小鉢が漬物と果物も含めて8つ。それぞれの内容も良い。
写真左上から右へ、リンゴ、切り干し大根のサラダ、切り昆布と薩摩揚げの煮物、牛タタキ、生野菜サラダ(ゴマドレッシング)。中段左から、根菜の煮物、マグロの刺身、そしてメインのトンカツ。
ごはん茶碗は小ぶりだが山盛り。漬物は白菜で味噌汁は…忘れた。
基本的に和食でヘルシー路線だが、メインのトンカツがその路線とは対照的な光を放っている。

まずはチャッチャと生野菜のサラダを片付け、マグロの刺身に箸を伸ばしたが…芯がまだ凍っていたので後に回す。
ではトンカツ行きますか。
卓上のソースを垂らし、レモンを捻って汁を飛ばし、がぶりと噛み切ると…旨い!
肉の厚みは1cmくらいで適度な歯応え。衣はザックリしているが口の中が痛くなるようなこともなく、ハラハラと崩れる。そしてジュワッと迸る肉汁。頬が緩みっぱなしだ。もっとも揚げ物が久し振りで、更にトンカツなんぞ前回いつ食べたか全く思い出せないほどご無沙汰だったので(最低でも4ヶ月振り)、そういう意味ではかなりバイアスが掛っているかも知れないが、仮に前日の夜にトンカツを食べていたとしてもこのトンカツは旨いと思うに違いない。
またたく間に3切れとごはん半分を食べてしまった。

ちょっと落ち着こう。

煮物はどちらも適度な味付け。薩摩揚げが被ってしまっているが、それはまあご愛嬌。切り干し大根のサラダも口直しにピッタリ。
そして牛のタタキ。量は少ないがこれもメインとして張れるだけのものがあるし、ちょうど解けてきたマグロの刺身も良い。ついでに白菜の漬物も良い塩梅だ。
これらのおかずでまともにご飯を食べたらこの3倍は必要になってしまう。がダイエット中の身だし、そもそもそんなに食べられそうにない。大事に大事にご飯を食べることにする。

最後に残した一口分のごはんを何で食べるか。やっぱりトンカツだよなと、その一切れを残し他のおかずを片付ける。そして残しておいたトンカツでフィニッシュ。
仕舞にリンゴを囓って茶を啜り大満足。また良い店に当たってしまった。

160216-03.jpg
御食事処 あとやま
水の夜 1130-1330 1800-2030(←ネット情報)
0287-65-3814
栃木県那須塩原市大原間西1−2−11

posted by すぱ九郎 at 01:05| Comment(2) | 外食
この記事へのコメント
こんばんは、

九郎さんのやたらに食欲を掻き立てる文章と写真にそそられ我が家も今夜はカツ。機会があったら是非あとやまでも食事をしたくなってしまいました。 自分的にはミックスフライ定食かな。手作り弁当を作ってもらって、沼ッ原湿原にハイキングなんていうのもいいかも。
グーグルストリートビューによるとあとやまのすぐお隣にも天ぷら屋さんがあるみたいですね。もし機会がありましたらこちらの食レポもお願いします。
Posted by 不鯨 at 2016年02月25日 22:38
不鯨さん、いつもコメントありがとうございます。
この度は私の不手際で不鯨さんからのコメントに気付くのが遅れ、お返事も遅くなってしまいました。済みません。

さて。
ここはホントに美味しかったですよ。沼ッ原へお出かけの際には是非お試し下さい(笑)
ちなみにこの店の隣はだいぶ前からある店で、実は一度は行ったことがあるんですよねぇ。でも記憶が曖昧なので、きかいがあればまた入って見ることにします。
Posted by すぱ九郎 at 2016年03月30日 00:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
古い記事へのコメントも大歓迎 わーい(嬉しい顔)