2015年04月04日

いつの間に? ―はぎのや(西那須野)―

150402-20.jpg

すっかり間が開いてしまった。毎日チェックしてくれている方、この場を借りてお詫びします。
この間書きたいことはたくさんあったのだけれどどうにも手が回らなかったのだ。実際写真の貼り付けも済ませ本文も書きはじめたのが4本あるのだが、それらはちょっと間が開いてしまったので後回しにして、まだ記憶が新しいものを先に紹介していこうと思う。

4月2日。この日は朝昼晩3食とも外食だった。もっとも朝はコンビニのおにぎりだったが。ちなみに昼は盛り蕎麦をハシゴ。そして夜。西那須での仕事を終えての帰り道。那須拓陽高校の前から「ラーメンねぎっこ」へ抜ける通りを取っていた。暮れなずむ道で車を運転しながら頭は夕飯のことばかり。無性にビールが飲みたい。だけれど疲れていたので家に帰ってから食事の支度をするのは面倒だ。手っ取り早く総菜でも買っていくかと考えたり、いや待て自宅から徒歩圏内の店でゆっくり飲んだ方がいいのではないかなどと思いを馳せていたのだが、ふと脇を見ると知らない店が開いていた。どうやらお好み焼き屋らしい。建物はかなり新しいように思えたので、花輪こそ出ていないが最近出来た店なのだろう。鉄板焼きでビールもいいなと思い(もちろん帰りは代行で)、吸い込まれるように店に入った。

店内は明るくとてもきれい。所々に観葉植物や花が置かれている。席はテーブルのみで4人掛けと6人掛けが2つずつ。かなり余裕のある配置なのであと2つ3つは置けるくらいのスペースはある。先客は1名のみ。空いている4人卓に着いた。
メニューはこれだけ(飲み物は省略)。
150402-21.jpg
つまみ系の料理はない。お好み焼きでビールというのもアリかなと思ったが結局食事だけすることにした。お好み焼きは大阪風。

牡蠣に惹かれたがやはりもう終わってしまったとのこと。それならば…いっそのこと全部入りにしてしまえと「ミックス」を注文。「ボリュームたっぷり」とか「卵2個入り」などと書かれているのでたぶんこれだけで腹は一杯になりそうだが、店によってはお好み焼きは妙に小さくて食べた気がしないことがあるので、保険も兼ねて焼きそばを持ち帰りでお願いした。

ついでに店がいつ出来たのか聞いてみたら、なんとびっくり3年になるという。スカイツリーの開業に合わせたとのこと。この店の前の道は普段からよく利用していて、月に最低でも10回は通っているのだが全く気付かなかった。オレとしたことが。

お好み焼きは厨房で焼いてくれる仕組みのようだ。奥の方から音が聞こえてきた。出来上がるまで20分ほど掛かるということなのでゆっくり待つことにする。
15分ほど経ったころ卓上の鉄板に火を入れに来た。その間も2度ほどお冷やを注ぎ足しに来てくれた。

出来上がったお好み焼きをステンレスの角形のちりとりのようなもので(例えが食品にふさわしくないことはお詫びします)厨房から運んできて、暖まった卓上の鉄板に移してくれた。
その後ソースとマヨネーズを塗りたくる。鉄板に垂れたソースが香ばしい匂いを辺りに振りまく。

150402-22.jpg 150402-23.jpg
直径は小指の先から親指の先まで目一杯広げたくらいなので23cmくらいだろう。厚みは人差し指の第一関節よりもあったので3cmくらいか。角がきちんと立っているので、型枠を使っているのではないかと思う。
コテは大小2つ用意してくれた。大きい方で2つに割ってみるとこれが実に柔らかく全くといっていいほど抵抗なくストンと切れる。能書き通りふんわりと焼き上がっているのに間違いなさそう。焼いているときにギュウギュウ押しつけてしまう人がいるが、アレは百害あって一利無しだ。ここのは押しつけていないことはもちろんだが、さらに小麦粉が少なめなのだと思う。それは実際に食べてみるとキャベツのサクサクした食感でも判った。一般的なものよりもキャベツの量がかなり多いのだ。
断面に写っている赤いぽつぽつは紅ショウガのみじん切り。これは店に確認していないがたぶん生地にエビやアミの類は使っていないと思うので具材のエビさえ抜けば甲殻類アレルギーの方でもOKなのではなかろうか(アレルギー持ちの方は店に確認を取って下さい)。
そしてこれほどふんわりしていながらボロボロと崩れることはない。味付けもくどくなく、次から次へといろんな具材が出てくるので食べていて楽しい。もちろん量もありこれ1枚で満腹。ビールを断念した分を差し引いても十分お釣りが来る満足感を得ることが出来た。

で、こちらが予定通り(?)持ち帰った焼きそば。自宅で写真撮影。
150402-24.jpg 150402-25.jpg
温かいうちに味見だけしておこうと思い、満腹だったが一口食べてみたらこれまた実に旨い。ソースがフルーティーでいい香りなのだ。やや太い麺がそのソースをどっしりと受け止めている。具材はキャベツ、豚肉、イカとシンプルだが麺との比率がこれまた絶妙。麺が多いのはちょっと悲しくなるし、かといって具材が多すぎるのも焼きそばという感じがしなくなってしまう。
ソース焼きそばとしては今まで食べてきた中でこれが一番好みかも知れない。一口のつもりが気付けば5口は食べてしまっていた。急いで蓋を閉め、目に付かないところに置く。
後ほど冷めたままで食べてみたがそれでも十分旨かった。

ここはお好み焼きも焼きそばもどちらも自信を持ってお勧めできる店だ。3年間も気がつかなかったのが悔やまれる。

150402-26.jpg 150402-27.jpg
お好み焼き専門店 はぎのや
月 1730-2030 土日のみ昼も営業(1130-1400)
0287-47-7071
栃木県那須塩原市二つ室31−33

posted by すぱ九郎 at 13:04| Comment(0) | 外食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
古い記事へのコメントも大歓迎 わーい(嬉しい顔)