2015年04月05日

誘惑 ―みつわ(矢板) その2―

*** みつわの履歴 *******************
1回目
2回目(この記事)
3回目
4回目
*********************************
店舗情報は3回目の記事を、最新のメニューは3回目と4回目の記事をご覧下さい

ここには壁にもいろいろメニューの札が貼ってある。その大半は卓上のメニューにも記載されているのだが、2品だけ壁にしかないものがあるのだ。
150324-01.jpg
そばうどんのほかにラーメンも出していることはメニューを見て知っていた。だが壁に貼ってあるこれに気付いたのは3回目のことだ。今まで蕎麦屋でラーメンを食べたことはほとんどないが、これには大いにそそられる。

ということで3月24日。かきあげ天ぷら入りラーメンを食べるべく4度目の訪問。

ちなみにここはそばうどんは店内で打っているのだが、ラーメンの麺だけは外注らしい。汁、スープはいずれも自前とのこと。

150324-02.jpg
150324-03.jpg 150324-04.jpg
まずは静かにスープを掬って飲んで見た。これはまさしく蕎麦屋のラーメン。和出汁中心のスープでごくあっさりだ。もしかしてスープには動物系は一切使っていないかも知れない。肉っ気はチャーシューの煮汁を利用したと思われる醤油ダレ由来だけのような気がする。

かき揚げには小エビと小柱が載っている。蕎麦の時は小柱だけだったが、今回小エビがあるのは単に材料の関係なのか、ラーメンと蕎麦とで意識的に変えているのかはよく分らない。蕎麦にはあった柚子の皮はこちらにはない。
次にレンゲでかき揚げをギュウギュウ押しつけてスープに馴染ませる。油がスープに浸み出してくるのが分る。麺を持ち上げ軽く混ぜるとかき揚げは簡単に崩れた。
麺はかなり細い。ほぼストレートだが若干のくねりがある。そしてかき揚げの下にはチャーシューが隠れていた。モモだろう、オーソドックスな硬めの仕上がり。脂身はカットしているのかも知れない。
そしてスープだが、混ぜる前はラーメンとしてはちょっと物足りないかなと思ったが、かき揚げの油が混ざったことによりコクが出て実に旨い。元がごくあっさりなので脂っこいとは全く思わなかった。細麺との相性もばっちり。これは秀逸。思わずスープまで飲み干してしまった。蕎麦屋のラーメンもたまにはいいなぁ。

<2015/6/21 追記>
6/10日。ひとみさんのコメントと、どけん屋さんの記事に触発されて今年5度目のみつわ。こんな短期間に5度も訪れるのはオレにとってはかなり異例なことだ。

今回のターゲットはもちろんタンメンなのだが、もう一つ大事な用事があった。ここの「ひたし・ひやし系」っぽいメニューに関して店の意識調査である(詳細は1回目の記事参照)。できればきちんと話を聞きたかったので訪れるのなら空いているであろう昼の閉店間際にしようと思っていて、この日にその機会が巡ってきたのだ。

注文はもちろんタンメン。席に着くや女将さんに伝える。
150610-01.jpg 150610-02.jpg
先のラーメンの時にも書いたが、ベースのスープには油っ気が感じられない。和麺の出汁と同じ物なのではないかと思う。タンメンではこれに炒め野菜のエキスが加わるのでコクが加わっているのであっさりではあるが物足りないというほどではない。塩ダレにも何らかの動物系のスープ(チャーシューのゆで汁など)が加えられているのかも知れないが、それは塩ラーメンを食べてみればはっきりするだろう。あ、また宿題増やしちゃった。
そんなタンメンなのでとにかく口当たりがやさしい。先日食べたことぶきのそれよりもあっさりしている。これほどやさしいタンメンは今まで食べたことがなかった。これなら食べ飽きることなく、何度でも食べたくなってしまうのが解る。かく言うオレもここの魅力の虜になってしまったのかも知れない。

先客が1組いたがだいぶ前に店を出ていたので、オレが食べ終えたときには思惑通りもう他に客はいなかった。なので会計時に当店の「つけ天そば」や県北の「ひたし・ひやし」について女将さんに時間を掛けて聞くことが出来た。なかなか興味深い話を聞くことが出来たがこれだけでは調査不十分なのでその内容は後日まとめてから紹介することにしよう。
<追記ここまで>

posted by すぱ九郎 at 10:28| Comment(6) | 外食
この記事へのコメント
こんにちは〜!みつわ再び!

そして、かき揚げの載ったラーメンだなんて…。でも美味しそうですね!
今思い出しました。ここのタンメンをよく食べてたな〜と。
かなりうろ覚えだし記憶も確かではないんですけどね。
炒め野菜の載った、あっさりとしたタンメンだったと記憶してます。

懐かしいな。また食べたくなってきました!
あ、ちなみに鍋焼うどんは年中食べられた気がします。期間限定なお店も多いんですよね。
Posted by ひとみ at 2015年04月06日 09:43
ひとみさん、こんにちは。
このかきあげが全然ミスマッチじゃないんですよ。
確かにこのベースだとタンメンも相性が良さそう。
宿題増えちゃったな。
Posted by すぱ九郎 at 2015年04月06日 12:24
おはようございます。

おっと!
天中華ですか
ちょうど今日、大章軒のアップルカツカレー食べに行こうかと思ってたんですよ

情報どーもです
でも、タンメンと凄く迷うなw
Posted by どけんや君 at 2015年04月07日 07:30
どけんや君さん、おはようございます。
「天中華」というくくりがあるんですか。ということは探せば結構あるということなんですね。いままであまり気にしてこなかったのですが、この道も探求しがいがあるかも。
そうそう、ここのタンメンもそそられます。

それにしてもアップルカレーを出す店の中から大章軒に目をつけるとは、どけんや君さんならではですねぇ。
Posted by すぱ九郎 at 2015年04月07日 09:29
(追記部分へのコメントです)

懐かしいですね〜!そうですそうです、こういうビジュアルでした!
そして、そんなにしょっぱくないんですよね、確か。
子どもながらに、外食の割にはあんまりしょっぱくないな〜と思ってた記憶があります。

炒め野菜のコクもあって大好きでした!
Posted by ひとみ at 2015年06月22日 15:58
ひとみさん、こんばんは。
そうです。塩気も濃くなく、やさしいと表現するのがまさにぴったりのタンメンでした。
Posted by すぱ九郎 at 2015年06月22日 19:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
古い記事へのコメントも大歓迎 わーい(嬉しい顔)