2015年03月11日

田島食堂(氏家)

150310-00.jpg

地球の滅亡が間近で最後の食事は何にしたいかと問われれば、オレは迷わず鰻重と答える。もちろん作ってくれる人がいればの話だが。(あ、蕎麦も捨てがたいか)
幸い今のところ地球が滅亡する兆候はないが、それでも年に何度かは食べずにはいられぬ鰻重。昨日の昼は急に鰻重が食いたくなった。風邪を引いてしまったということもあるかも知れない。こんなコンディションの時はタレはちょっと甘めの方がいい。一応財布の中身を確認し、まぁどうにかなるだろうと選んだのがここ、氏家の田島食堂である。

ここの他では、辛めのタレであっさり気味に行きたいときは大田原の片岡屋、香ばしいのがいいときは芦野の丁字屋、ふわふわのが食べたいときは今市の魚登久、凄く金に余裕があるときは(滅多にないが)宇都宮の田傳と、最近は鰻を食べに行く店はだいたい決まってきている。以前はずいぶんいろんな店に入ってみたが、最近はもう鰻を食べる余裕が無くなってきているせいもある。ホント高くなったよなぁ。
冒頭の画像は鰻の価格上昇に店が苦労している事を表現したもの(のつもり)。相次ぐ価格改定で価格表を削って修正していたみたいだが、もうそんなことでは追っつかなくなってしまったようだ。はっきり言ってこれでは何がいくらなのかさっぱり解らない。

そして現在のメニューはこちら。
150310-01.jpg 150310-02.jpg
うぅ、予想以上に高い。以前2400円というのを見たときもずいぶん高くなったと思ったものだ。2000円でお釣りがきたのはいつ頃までだっただろうか。
愚痴ってもしょうがない。二段は到底無理だし三枚も厳しい。だが上と特上の差が200円しかないので、特上を選んだ。ホントは肝焼きも食べたかったんだけどなぁ。
そういえば以前は親子丼など庶民的なメニューもあったはずだが、いつの間にか止めてしまったようだ。今は鰻専門店ということなのだろう。

ここは注文が入ってから鰻を捌く。この日も早速調理場から、ぎゅい、ぎぎーっと鰻の骨を断つ音が聞こえてきた。焼きは七輪だ。標準的な待ち時間は45分といったところ。自宅を出る前に予約の電話を入れても良かったのだが、待つのも鰻の楽しみ。あえて予約はしていかなかった。
他に客がいないので店内は実に静か。テレビもラジオも有線放送もない。持ち込んだ文庫本を読みながら待つ。

40分は待たなかったと思う。こちらが待望の鰻重特上。
150310-03.jpg 150310-04.jpg
重箱の隅々にまで鰻が並べられている。自然と顔がほころぶ。オレは肝吸いも結構こだわるタイプ。できるだけシンプルな方が好み。出汁は昆布のみで三つ葉と麩が浮いていればいい。ここのはそれに加えて豆腐も入っているが、邪魔にはならない。かなりオレの理想に近い。
まずは肝吸いを啜り、鰻重に手を付ける。箸で蒲焼きを切り分け、それに合わせてご飯と共に持ち上げ口に運ぶ。
適度な柔らかさと香ばしさ。脂の乗りもほどほど。タレは先にも書いたようにやや甘めだ。この日は体調のせいかいつもよりも甘さを強く感じた。時々漬物を囓りながら大事にゆっくり食べる。それでも至福の時間はそう長くは続かない。食事時間は15分ほどで終わってしまった。

150310-05.jpg
田島食堂
不定 1130-1900
028-682-2289
栃木県さくら市氏家2579−9

posted by すぱ九郎 at 00:45| Comment(0) | 外食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
古い記事へのコメントも大歓迎 わーい(嬉しい顔)