2014年10月17日

不覚! −鴻華(西那須野)−

*** 鴻華の履歴 *********************
1回目(この記事)
2回目
*********************************

ここも有名店。いろんな意味で有名。まず安い。極めて安い。そして口喧嘩。夫婦でなさっているのだが、注文が立て込み始めると大ぴらに夫婦で喧嘩が始まる。慣れないと客が怒られているのかと錯覚してしまうが、客に対しては実に礼儀正しいのだ。

当ブログでは初登場だがここには年に2回ほどコンスタントに訪れいている。人気メニューは唐揚げ定食。唐揚げが山盛りになって出てくる様は壮観。オレは唐揚げ定食はあまり注文することはないので、何人かで来た際に単品で注文したのをシェアしたことがあるだけだが、下味といい、揚がり具合といい、実に旨かった覚えがある。
個人的には定食を食べることが多く、ラーメン&チャーハンも良く頼む。ラーチャーなど共にフルサイズで800円だ。

入店したのは12時半頃。かなりの混雑を予想し、入れないことも覚悟していたのだがたまたま空いていて8分の入り。半分ほど埋まっていたカウンターに着く。
メニューはこちら。このボロボロ具合(これでもプラケースから取り出して延ばしてみた)からして察して頂けると思うが、もう何年も使い続けている。つまり値段が変わっていないのだ。いい加減値上げして下さいと客の立場からお願いしたくなってしまう。
141017-01s.jpg 141017-02s.jpg

今日も気分はラーチャーだったのだが、久しぶりにメニューじっくり見て、ワンタンが気になってきた。以前の記事を読んで下さった方はお分りだろうが、オレはワンタンにはかなり拘りを持っている。その拘りから外れたものは憎むほどなので、ワンタンを注文するのはある意味冒険だ。当たりを引いたときは最高の気分なのだが、ハズレ(拘りに合わない)を引いてしまうとげんなりしてしまう。今日はその危険を冒すだけの心の余裕があったのだろうか。その辺りの気構えは自分でもよく解らないが、気付けば(五目)チャーハンとワンタンスープを注文していた。

厨房では相変わらず口喧嘩が絶えない。だが近頃はこの喧嘩の様子がだいぶ変わってきているように思える。以前は文字通り夫婦喧嘩の様相で今にも丼やら鍋やらが飛んでくるのではないかと思うほどだったが、最近はおっちゃんがぼそぼそと愚痴を言い、おばちゃんがそれを軽くいなしている様な感じになってきている。客としてはこの方が落ち着けるのだが、おっちゃんの元気がなくなっているようで少し寂しくもある。額に深く皺を寄せ、おっちゃんが鍋を振るう。

さほど待たずにまずチャーハンが出来上がった。
141017-03.jpg

今日はダマもなくムラ無くきれいに仕上がっている。この店の味付けは全般的に薄味の傾向。チャーハンも例外ではなく、初めの数口は物足りなく感じるが、食べ終える頃にはちょうど良い塩梅。
別メニューで海老チャーハンがあるのだが、こちらにも3、4匹小エビが入っている。そのほかの具材はハム、チャーシュー、ニンジン。あと当然卵とネギ。ネギは極少ない。パラパラさとしっとりさのバランスが良く、特に今日は上出来。

こちらが1分ほど後に来たワンタンスープ。
141017-04.jpg
抜かった。今まで何で注文しなかったんだろう。オレの好みにドンピシャの、フルフルのトロントロンでツルルンのワンタンだ。具は大豆大の鶏ひき肉がちんまり収まっている。このバランスもまた良い。薄口のスープをたっぷり含んだワンタンをレンゲで掬いじゅるりと吸う。熱いがこれがイイのだ。鼻水を垂らしながら次々に吸い込む。量もたっぷりだ。幸せが続く。旨ぇ。薄味なのでスープも気にせず飲み尽くすことができる。
それにしても近所で、しかも行きつけの店にこんなに好みのワンタンがあったとは実に不覚。今まで頼まなかった分を取り返すべく、次はワンタンスープダブルで頼もうかな。あるいはワンタンメンとワンタンスープとか。

2年ほど前は(体調不良で?)結構休みがちだったが最近はそういうことはあまりないようだ。今後も旨いご飯を作り続けて下さい。

170712-03.jpg
中華料理 鴻華(こうか)
火 1130-1430 1700-2030(材切れ仕舞)
火 1130-1400 1700-2000(材切れ仕舞)(2017/7/15 修正)
0287-36-4667
栃木県那須塩原市扇町10−25 万第6ビル1階
喫煙可

店の専用駐車場はないが、向かいの市営駐車場が1時間まで無料なのでこちらを利用することをお勧めする。

posted by すぱ九郎 at 22:49| Comment(0) | 外食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
古い記事へのコメントも大歓迎 わーい(嬉しい顔)