2014年07月24日

財布を買いました

140724-01.jpg

長年使ってきた財布がだいぶくたびれてきていて買い換えようと思い立って久しい。以来ネットでずいぶん時間を掛けて検討したのだが気に入るものがどうしても見つからない。
オレが理想とする財布は
・できるだけ薄くて小さい
・小銭入れは不要
・カード類は最低でも10枚収納できること
・デザインはごくシンプル
・手ごろな価格(1万円程度)
と、それほど見つけにくい条件ではなさそうなのだが、これがなかなかないのだ。
中でも小銭入れ。これがないというだけで選択肢がグンと狭まってしまう。そんなに小銭入れの需要って高いのだろうか?

小銭入れが要らないのは、もう10年くらい小銭はズボンの前ポケットに放り込んでいるから。財布から小銭を出すのってけっこうチマチマ面倒なのだ。ポケットにゴソっと入れておけば会計の際に小銭を全部掴みだして、必要な分だけ即座に出すことができる。家に帰ったら小銭は机の引き出しの所定の場所に戻しておく。
ただ、まったく小銭入れを使っていないかというとそうではなく、現在は絆創膏入れとして使っている。仕事中に指を切ってしまうことが結構あるのだ。以前は車のスペアキーを入れていたが電子式になってしまったので今は無理。

話はそれるが、オレは可能な限り小銭を増やしたくないので、たとえば支払額が666円で500円玉と50円玉と5円玉を持っていなければ1221円出すようなタイプ。

どうしても買い換えなければならないというほどの切迫した状況ではないので、そのうち気に入るのが見つかるだろうと気長に待つことにし、理想の財布捜しを中断して半年ほど経った先週末。
いつものようにネットで各新聞社のサイトを見ていたら、たぶん読売か朝日だったと思うのだが、そこに出ていたバナー広告に"SLIM YOUR WALLET"とあるのを見て「これだ!」と思った。
http://bellroy.com/pages/slim-your-wallet/
Bellroy(ベルロイ)という、どうやらオーストラリアのメーカーの様だ。

日本語の表記があるが基本的に英語のサイト。<8/4追記 今はほぼ完全に日本語化しているし日本での取扱店も多数紹介されている。>でもビデオで特長が紹介されているので解りやすい。ここの財布は嬉しいことに小銭入れが付いていないのが基本。デザインもとてもシンプル。価格も予算内。しかもキャラクターがフクロウではないか。オレ、フクロウが好きなのだ。これぞ正に探し求めていたものだ。
まずは一通りビデオを見て、"NOTE SLEEVE WALLET"と"HIDE & SEEK WALLET"の2種に絞り込んだ。

2つに絞り込んでみたものの、どちらにするかは非常に悩んだ。値段は同じ9000円。収納力に差はほとんどないし大きさもさほど変わらない。NOTE SLEEVEの方が若干薄いようではある。ビデオを何度も再生して比較するが決め手がない。
HIDE & SEEKは実にオーソドックスな作りで、使い勝手は良さそう。一方のNOTE SLEEVEはカードの収納の向きが縦横反対で、全幅を極限まで削っており、このストイックさが良い。

ビデオを何度見直したことか。気付くと見比べて1時間以上経っている。最終的にNOTE SLEEVEに軍配は上がった。
まとめて入れるカードポケットに付いているプルタブが使い良さそうだったのと、小銭入れは不要と書いておきながら矛盾するが、この申し訳程度の小銭入れが絆創膏入れとして最適なサイズでかつ邪魔にならないこと。折りたたんだときの外側に1枚分のカードフォルダーがあり(届いてから分かったがさらに小銭入れもカード入れとして転用可能)、Suicaを入れておくのにピッタリなこと。キャラクターのフクロウがこちらは刻印なのに対し、HIDE & SEEKは出っ張っており、財布を出し入れする際にポケットに引っかかることがあるかも知れない。だが最大の理由はHIDE & SEEKが大人しすぎるということか。単にフィーリングで選んだと言い切った方がかえってしっくり来るかも知れない。

色は全8色。もちろんオーソドックスな黒や茶も当然あるし、実際今まで財布は黒か茶しか買ったことがないのだが、今回はスレートという青灰色にした。あまり見かけない色だ。そのほか青や煉瓦色などなど。

さて、実際に購入するわけだが、海外のサイトなので個人輸入扱いとなる。支払いはクレジットカードかPayPal。PayPalも基本クレジットカードなので、クレジットカード一択と言い切って差し支えないだろう。今回は万が一の際(届かないなど)に交渉が楽なPayPalを選んだ。直接払ってしまうと揉めたときに英文でメールしなければならず面倒だからだ。PayPalなら日本語で対応してくれる(はず)。
また送付方法には選択肢があって、一方は700円で配送に1〜2週間かかり追跡なし。もう一方は1200円で配送に2〜4日要し追跡あり。
今まで何度か個人輸入の経験はあるのだが、海外の業者は結構いい加減なことがあり、まったく異なる場所(人)へ配送されてしまった経験があるので、追跡なしはちょっと不安。急ぐわけではないがその手の不安がぬぐいきれず1200円の方を選んだ。
あとは国内での通販と同じ。メールアドレスや郵便番号、住所、氏名、電話番号を入力。異なるのは全てローマ字ということと、電話番号は国番号+81を頭に付けて、市外局番の先頭の0を抜いたものを入力。後は届くのを待つばかり…
のはずだったのだが、ちょっとしたトラブル発生。先方からメールで送られてきた追跡番号(FedExであった)を参照してみると、「発送キャンセル」となっている。
140724-11.jpg

これ一体どういうこと?と先方に(拙い英語で)メールし、きちんとした番号を送り直してもらう。すまんすまんみたいな軽いノリで、今度は(一応)機能する番号を送り返してきた。発送元はオーストラリアのアレクサンドリア。中国の広州を経由し成田に着いたのが発送から3日後。さらに1日掛かって無事今日届いた次第。
140724-12.jpg

包装は厚紙製の封筒形。わざわざステッチしており、模様の付いた紙が裏打ちしてある。ぱっと見素っ気ないが実はかなり凝っている。梱包材は特になく、これがそのままFedExの専用封筒に無造作に収まっていた。
140724-03.jpg 140724-01.jpg
財布の寸法は折りたたんだ状態で横9cm、縦10cm程度。

広げた状態。外側から。
140724-02.jpg

広げた状態。内側から。一万円札がぎりぎり収まる幅。
140724-04.jpg

メインのカードフォルダー(3枚分)
140724-05.jpg
出し入れが頻繁なカードに使うとよいだろう。
中央にある茶色のツマミがプルタブ。これを引くとまとめて入れたカードがゴソッと出てくる。

まとめて入れるカードフォルダーの中身。
140724-06.jpg
塩ビのカードなら5枚、PETなどの薄手のカードなら10枚は無理なく収まる。

札入れ側のカードフォルダー。
140724-07.jpg
独立していて外側に面しているので、Suica等非接触式のカードを入れておくのに向いている。ただちょっとユルいので広げて逆さにして振るとカードが落ちる。折っていれば逆さにしても落ちない。

申し訳程度の小銭入れ。フラップが付いている。
140724-08.jpg
カード入れ兼用。幅が狭いように見えるかも知れないが、一般的なカードが無理なく入る。定期券が2枚になるような場合は先ほどの所とこちらに分けて入れておけば干渉は起きにくいだろう。フラップがあるので逆さにしても落ちることはまずないので定期が1枚ならこちらに入れる方が良いかもしれない。
マチが無いので小銭は3、4枚が限度か。小銭入れとしての実用性はかなり低い。ここには絆創膏と、いざというときのための(と持ち歩いているが10年以上使っていない)テレフォンカードを入れておくことにする。

SDカード入れ。
140724-09.jpg
財布にSDカード入れが欲しいと思ったことは無かったが確かにあれば便利かも知れない。フルサイズのSDは無理だが、ミニSDにちょうどいい大きさ。もちろん直接入れるのではなくハードケースに収めてから入れるべきだろう。携帯のSIM入れにも使えそうだ。最近は複数持っている人もいるみたいだし。
だがオレはここには写真の様にリボンを入れておく。このリボンは眼鏡のレンズが外れたときの修理治具。特に出先では常に持ち歩いていないと不安なので、これはちょうどいい。

届いてから半日ほど、紙幣10枚+商品券2枚、塩ビのカード4枚、Suica1枚、薄手のカード7枚、さらに絆創膏とリボンを納めて尻ポケットに入れて過ごしてみたが今までの財布よりかなり薄くなったと感じた。フィッティングはとても良い。
だが、先にも書いたが幅が一万円札ぎりぎりなのと、高さがあるので紙幣の出し入れはスルっと滑らかとはいかない。一万円札より幅広の商品券などを納めることがよくある場合は避けるべき。オーソドックスな分実用性としてはやはりHIDE & SEEKの方に分がありそうだ。
ちなみに一万円札の幅は160mmである。
耐久性に関してはしばらく使ってみないことには結論は出せないが、3年保証が付くし、ステッチなど作りは丁寧なので問題は無かろう。

個人的にはとても気に入っている。長いつきあいになりそうだ。

<14/10/29追記>
Note Sleeveの一番の強みは外側に付いているカード入れだと思う。独立して2カ所にあるので、スイカ、パスモやnanaco、Edyなどの非接触型のカードを2枚持ち歩きたい場合に特に威力を発揮する。普通の財布では非接触式カードを2枚入れてしまうと干渉してしまうことが多いが、この財布の場合折りたたむとそれぞれが外側に来るので干渉する可能性がかなり低くなる(中身によっては干渉する可能性もあるが)。干渉してしまっても開いて使えば全く問題ない。なのでカードを財布から出すことなく処理が出来るのだ。

作りは本当に良く、まだ3ヶ月使っただけではあるが、ほつれ、破れなどは一切ない。
<追記ここまで>

9000円+でこのクオリティー。とにかくシンプルな財布をお探しの方、カードフォルダーに特長があるNOTE SLEEVEはかなりお勧めである。こちらは買わなかったがオーソドックスなHide And Seekも品質は間違いないと思う。

キャラクターのフクロウも目立たずシンプル。
140724-10.jpg

とここまで書いて、改めて bellroy + wallet で検索してみてオドロいた。なんとアマゾンで扱っているではないか。しかも送料無料で9000円。
ほとんど衝動買いだったからなぁ。きちんと調べるべきだった。送料丸損だ…orz
でも他の色は揃っているけどNOTE SLEEVEのスレートだけ扱ってない。ま、それなら許してやろう。<14/10/29追記 現在はBlack、Cocoa、Bluesteelの3色しか取り扱っていない。>
あ、楽天でもYahooショッピングでも扱っている…でもこっちは送料入れると輸入した方が安いな(ちょっとニンマリ)。

NOTE SLEEVE (ノートスリーブ)
Bellroy メンズ レザ ー Note Sleeve ウォレット
HIDE & SEEK (ハイド & シーク)
Bellroy メンズ レザ ー Hide & Seek ウォレット
上記画像2点はAmazonより。



最後に…
使い古した財布。8年は使っただろうか。もっとかな。
140724-14.jpg 140724-13.jpg
ご苦労様でした。

タグ:通販 装身具
posted by すぱ九郎 at 23:58| Comment(0) | レビュー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
古い記事へのコメントも大歓迎 わーい(嬉しい顔)