2018年01月19日

丸井食堂(今市)

まる代を後にして駅を目指すと100mも歩かずに最初に目を付けた店の前に出た。屋号が横書きで「堂食井丸」と右から書かれていて藍染めの暖簾も白抜きで「ばそ打手」。建物は真新しいが歴史を感じさせる店構えだ。「江戸流細切蕎麦」と大書したポスターが入り口に脇に貼られていて、大いにそそられる。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 00:50| Comment(0) | 外食

2018年01月18日

まる代(今市)

16日は丸一日今市で仕事だった。こんな好機は滅多にないということで、大好きな今市の街で食事を満喫することにする。
まずは昼飯。特に店は決めていなかったので、下今市駅近くの市営駐車場(無料!)に駐めて、歩きながら店を見つけようと思う。が、駐車場に入る前に感じの良さそうな蕎麦屋が目に入ってしまった。とりあえずここは候補と…

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 12:36| Comment(0) | 外食

2018年01月15日

自宅で「ひたし」集

オレは外食ばかりでなく家でも良くひたしを作って食う。年越し蕎麦もひたしのことが多い(ここ2、3年は実家で年越しだが)。
先日、そういえば自宅で食うひたしをアップするのも良いかな、と思いついたので、というか今までそうしなかったのが不思議なくらいだが、外食のひたし特集同様に今後自宅で食べた分を都度追加していこうと思っている。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 22:23| Comment(0) | ローカルフード特集

2018年01月11日

金の食彩(西那須野)

金の食彩は2年ほど前R400号沿いに出来た店。開業当初はチェーンの居酒屋っぽい外観と屋号から素通りしていたのだが去年の3月頃ランチの幟旗が目に付いたので試しに入ってみた。実際は第一感とは異なり独立系の日本食レストランで魚料理が売りの店だった。肉料理のレパートリーも多い。そして料理の質が高いにもかかわらず価格がリーズナブルなのだ。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 19:38| Comment(0) | 外食

ローカルフード ―ひたし・ひやし まとめ―

提供店をGoogle Mapにマッピングしたものはこちら

ひたし・ひやしとは?
旧大田原市、旧西那須野町、矢板市などでよく見られるそば・うどんの食べ方。熱い汁に冷やした麺を付けて食べるのが特長。かき揚げ天ぷらや天かすを付け合わせとすることが多い。店により「ひたし(浸し)」や「ひやし(冷し)」と呼ばれるが基本的にどちらも同じ物。麺は丼に盛られていることが多い。
当ブログにおける「ひたし・ひやし」の定義はこちら

構成
・店舗名称
・定休日 営業時間(終業時刻はラストオーダーを記載)
・電話番号
・住所
・所在地の概要
・メニュー名 金額 食事をした日
・写真
・特長、感想など
(いずれも食事時点のもの)

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 19:38| Comment(12) | ローカルフード特集

2018年01月05日

トロトロのタコ焼を目指して ―天王寺はち八(東京)―

当ブログでときどき取り上げているのでご存じの方も多いと思うが、オレは今タコ焼作りにハマっている。作り始めた当初はタコ焼粉に載っているレシピを忠実になぞりその出来上がりに満足していたのだが、You Tubeやブログなどでタコ焼の作り方を調べてみるとどうやら本場大阪ではもっと水(出汁)を多く加えていて、出来上がりももっとトロトロしているらしい、ということが解ってきた。そうなると気になってしまい試しに標準的な生地の配合よりも水を多くして作ってみたところこちらの方がオレの好みに合っていたのである。以来よりいっそうのトロトロ感を求めるようになっていったのは自然な流れだ。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 02:05| Comment(0) | 外食