2016年12月30日

「ひたし・ひやし」の定義

長らくおませしました(待っていた人は居ないと思うけど)、いよいよ「ひたし・ひやし」の定義の発表である。

まず始めに断っておくが「定義」といってももちろん当ブログ内だけでの話。オレが勝手に考えた事に過ぎない。

「ひたし・ひやし」(以下面倒なのでひたし系と呼ぶ)とは何なのか知らない方はこちらを読んでいただくとして、なぜわざわざ「定義」しなければならないのかということを先に書いておく。

ひたし系を簡単に言ってしまえば熱い汁に冷たい麺を浸けて食べる、ということになるのだがそれだけでは全国区の「鴨汁」も含まれてしまうし、以前少し触れたが肉汁うどんは宇都宮周辺のほか高崎や水戸などでごく親しまれているようだ。要は県北のひたし系をローカルフードとして確固たる存在にするためにはどこまでそう呼ぶげきかきっちり定義しなくてはならないと(勝手に、しかもだいぶ前に)思い至ったのである。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 13:11| Comment(0) | ローカルフード特集

2016年12月29日

つちや食堂、閉店(黒羽)

*** つちや食堂の履歴 ****************
1回目
2回目(この記事)
*********************************

今日の午前中の仕事は黒羽方面。黒羽には仕事でしょっちゅう行くがたまたまこの3ヶ月ほどはご無沙汰だったので久しぶりの感がある。
仕事が終わったのが11時少し過ぎ。そのまままっすぐ帰宅して昼食にするつもりだったが、虫の知らせというのだろうか、なんとなくつちや食堂のことが気になってちょっと回り道になってしまうが店を見てから帰ることにした。
すると店の入り口には閉店の告知が張り出されていた。
161229-01.jpg

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 16:54| Comment(0) | 外食

2016年12月12日

タコ焼きは家で作るに限る

161211-00.jpg

タコ焼き作りが楽しい。そして自分で作ったタコ焼きはめちゃめちゃ美味い。

去年の10月頃、ふらりと入ったとある古道具屋で埃をかぶっていた鋳鉄製のタコ焼き器を見つけた。それまでオレはタコ焼き作りは一度もしたことがなかったのだがそれほど難しいものでもなかろうと思い衝動的に買って帰った。確か500円だったと思う。縦横4列ずつの一度に16個焼けるタイプで穴の直径は44mm。鋳物だけあって重量感がある。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 11:00| Comment(6) | 日常

2016年07月23日

私設待合所 ―安寿(矢板)―

7月2日。昼飯を摂るべく矢板の市街をさまよって見つけた店。
場所は矢板駅西口から西へ向かう道沿いにで向かいは栃木銀行矢板支店。

建物は飯場などでよく使うプレハブでかなり古そう。更に黄色く塗ったコンパネで作り後付けしたと思われる屋台のような出っ張りがあるのだがその窓は「うどん ラーメン」と大書された紙で塞がれていてしまっている。車で通りがかりにその文字が目に入ったのですぐさま店に入ろうと思ったのだがこんな妖しい雰囲気に押されてしまいとりあえず細い道を挟んだ向かいの空き地に駐めて観察することにした。

初見では全く覚えのない店だと思ったのだがきちんと見直してみるとこの建物は何度か見た覚えがあるような気がしてきた。実際この店の前の道は何度も通っているのだ。雰囲気が妖しすぎて意識下に封印していたのかもしれない。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 20:00| Comment(0) | 外食

2016年07月22日

まごころ(黒磯)

ここはだいぶ前に地図を見ていて見つけた店。場所は那須脳神経外科病院という救急指定病院のすぐ近所。
ただ病院自体が街道から外れた場所でほかに目立つ施設といえば特別養護老人ホームだけ。なのでこの店も病院と老人ホームの関係者くらいにしか知られていないのではなかろうか。道も病院で行き止まりなので近所で知らない人がいてもおかしくない。
県道72号線(旧陸羽街道)にある那須脳神経外科病院の看板(さほど目立たないのだが)に従って細い脇道に入りそのまま進めば道の右側にある。

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 23:47| Comment(0) | 外食

2016年07月19日

八度目(くらい)の正直 ―おっちゃん(黒磯)―

昨年の末、とあるフリーペーパー(誌名失念)を手にしてペラペラと捲っていたら「ラーメンおっちゃん復活」という広告が目についた。「伝説の」みたいな形容詞も付いていたかもしれない。いずれにせよ復活というからにはかつて営業していたのだろうがそもそも知らない店で、どうやら黒磯らしいのだが所在地も電話番号もそして営業開始日も広告内に記載がなく詳細は全く不明。
気になってその日のうちにネットで調べたところ1件だけかつての店を訪れたブログ記事らしいものを見つけることができた。その記事によるとどうやら豚骨ラーメンの店だったらしい。そして幸いにも住所が記載されていたのでStreet Veiwで確認してみたら該当の住所は住宅街の中の角地で普通の民家のように見える古い建物が写ってた。ただ、家の角には自販機が置かれていて、壊れてしまって文字は読めないが何らかの看板がまだ残っていたし、よく見るとかつては店の入り口だったところを塞いだ様な形跡もあり、以前はここが何らかの店舗だったことは確かなようだ。
それ以来「おっちゃん」のことが妙に気になってしまい、今年に入ってから何度かその場所を尋ねてみている。とはいえ「おっちゃん」が「復活」するのは別の場所かもしれないのでこれは賭けだ

続きを読む
posted by すぱ九郎 at 23:04| Comment(0) | 外食